検索結果一覧

データベース 写真資料
フリーワード
 
  資料名 著者 内容 年代 地域 データベース 所蔵  
1 港に停泊する船「千代丸」と漁船、境町渡 不明 ・写3-5-18の白色の「東京都芝区三田綱町十番地 澁澤敬三」と印刷された封筒にはいっていたものヵ・渋沢フィルム整理整理カードには「隠岐○○○」とあり・『宮本常一 写真・日記集成』はもともと台紙に添付されていたものを台紙ごと切り取りアルバムに貼りつけたもの。貼りつけられたアルバム欄外にはには「65 イトマン漁民」と記載されている。アチックから焼き増しされた写真と考えられる。・境町渡とあることから境町(現境港)と隠岐を結ぶ定期船の船着所と考えられるが、どの島か詳細不明・本資料はネガシートフィルム(手札判)・県立公文書館県史編さん室学芸員樫村賢二氏によると「撮影地はたぶん境港市じゃないかと思います。 景色的には奥に島根半島があり水道の幅からすると境水道ぽいです。 しかし写真中にある「境町渡」となると中海側になるので、 奥に島根半島がみえる景観とあわず不思議な気がします。」とされ撮影地は境港の可能性がある(2012.6)、写真内に写る「境町渡」は「境町の渡し」のことヵ 昭和10(1935) 隠岐、境港 写真資料 日本常民文化研究所

戻る