検索結果一覧

データベース 写真資料
フリーワード
 
  資料名 著者 内容 年代 地域 データベース 所蔵  
1 青森八戸・岩手種市塩釜跡附近鳥居 不明 ・昭和9年9-10月期旅行の16ミリフィルム男鹿オシラサマアソビ他を写真にしたものヵ・写1-18-2-1と写1-18-2-2と写1-18-2-3は同一のもの(焼増しヵ)・男鹿オシラアソビ他フィルムには『東北犬歩當棒録』渋沢敬三p84「19 流れ昆布採集具(八戸海岸)」とある写真と同カットがありそれによれば青森、塩釜跡とすれば旅譜から種市海岸と推定されその場合岩手、題名・県名等はそれらを参照、因みに同16ミリフィルム16:04に鳥居が二つ遠景に見えこのあたりでの撮影かと考えられる 昭和9(1934) 八戸・種市海岸 写真資料 日本常民文化研究所
2 岩手種市塩釜跡附近鳥居 不明 ・昭和9年9-10月期旅行の16ミリフィルム男鹿オシラサマアソビ他を写真にしたものヵ・写1-18-2-1と写1-18-2-2と写1-18-2-3は同一のもの(焼増しヵ)・男鹿オシラアソビ他フィルムには『東北犬歩當棒録』渋沢敬三p84「19 流れ昆布採集具(八戸海岸)」とある写真と同カットがありそれによれば青森、塩釜跡とすれば旅譜から種市海岸と推定されその場合岩手、題名・県名等はそれらを参照、因みに同16ミリフィルム16:04に鳥居が二つ遠景に見えこのあたりでの撮影かと考えられる 昭和9(1934) 八戸・種市海岸 写真資料 日本常民文化研究所
3 岩手種市塩釜跡附近鳥居 不明 ・昭和9年9-10月期旅行の16ミリフィルム男鹿オシラサマアソビ他を写真にしたものヵ・写1-18-2-1と写1-18-2-2と写1-18-2-3は同一のもの(焼増しヵ)・男鹿オシラアソビ他フィルムには『東北犬歩當棒録』渋沢敬三p84「19 流れ昆布採集具(八戸海岸)」とある写真と同カットがありそれによれば青森、塩釜跡とすれば旅譜から種市海岸と推定されその場合岩手、題名・県名等はそれらを参照、因みに同16ミリフィルム16:04に鳥居が二つ遠景に見えこのあたりでの撮影かと考えられる 昭和9(1934) 八戸・種市海岸 写真資料 日本常民文化研究所
4 飛島のアカエイ(刊行物旅譜記載による) 不明 ・昭和6年6月期旅行の16ミリフィルム飛島を写真にしたものか・写1-18-2-14と写1-18-2-15は同一のもの(焼増しヵ) 昭和6(1931) 山形県飛島 写真資料 日本常民文化研究所
5 飛島のアカエイ(刊行物旅譜記載による) 不明 ・昭和6年6月期旅行の16ミリフィルム飛島を写真にしたものか・写1-18-2-14と写1-18-2-15は同一のもの(焼増しヵ) 昭和6(1931) 山形県飛島 写真資料 日本常民文化研究所
6 おしらさま遊び 不明 ・昭和9年9月期旅行の16ミリフィルム男鹿オシラアソビ他を写真にしたもの・写1-18-2-18と写1-18-2-19は同一のもの(焼増しヵ)・写真裏面に台紙に貼られていた形跡あり 昭和9(1934) 青森県八戸 写真資料 日本常民文化研究所
7 おしらさま遊び 不明 ・昭和9年9月期旅行の16ミリフィルム男鹿オシラアソビ他を写真にしたもの・写1-18-2-18と写1-18-2-19は同一のもの(焼増しヵ) 昭和9(1934) 青森県八戸 写真資料 日本常民文化研究所
8 おしらさま遊びで使用したオシラサマ二体 不明 ・昭和9年9月期旅行の16ミリフィルム男鹿オシラアソビ他を写真にしたもの 昭和9(1934) 青森県八戸 写真資料 日本常民文化研究所
9 八戸の海岸、または岩手種市海岸の塩釜の跡 不明 ・昭和9年9月期旅行の16ミリフィルム男鹿オシラアソビ他を写真にしたもの・男鹿オシラアソビ他フィルムには『東北犬歩當棒録』渋沢敬三p84「19 流れ昆布採集具(八戸海岸)」とある写真と同カットがありそれによれば青森、塩釜跡とすれば旅譜から種市海岸と推定されその場合岩手、題名・県名等はそれらを参照 昭和9(1934) 八戸・岩手 写真資料 日本常民文化研究所
10 塩釜の跡 不明 ・(昭和9年9月期旅行の16ミリフィルム男鹿オシラアソビ他の編集前のフィルムを写真にしたものヵ)(男鹿オシラアソビ他フィルムからは確認できず)・男鹿オシラアソビ他フィルムには『東北犬歩當棒録』渋沢敬三p84「19 流れ昆布採集具(八戸海岸)」とある写真と同カットがありそれによれば青森、塩釜跡とすれば旅譜から種市海岸と推定されその場合岩手、題名・県名等はそれらを参照 昭和9(1934) 八戸・岩手 写真資料 日本常民文化研究所
11 地引網漁 不明 ・渋沢フィルム10「飛島」(昭和6年6月期旅行の16ミリフィルム)を写真にしたもの・写1-18-2-26と写1-18-2-27-3は同一のもの(焼増しヵ)・撮影地域は16ミリフィルム内のテロップによる 昭和6(1931) 十三村 写真資料 日本常民文化研究所
12 地引網漁 不明 ・渋沢フィルム10「飛島」(昭和6年6月期旅行の16ミリフィルム)を写真にしたもの・写1-18-2-26と写1-18-2-27-3は同一のもの(焼増しヵ) 昭和6(1931) 十三村 写真資料 日本常民文化研究所
13 八戸の海岸、または岩手種市海岸の塩釜の跡 不明 ・(昭和9年9月期旅行の16ミリフィルム男鹿オシラアソビ他の編集前のフィルムを写真にしたものか)(男鹿オシラアソビ他フィルムからは確認できず)・男鹿オシラアソビ他フィルムには『東北犬歩當棒録』渋沢敬三p84「19 流れ昆布採集具(八戸海岸)」とある写真と同カットがありそれによれば青森、塩釜跡とすれば旅譜から種市海岸と推定されその場合岩手、題名・県名等はそれらを参照   不明 写真資料 日本常民文化研究所
14 丸太を組み壁上にしたもの 不明 ・渋沢フィルム10「飛島」(昭和6年6月期旅行の16ミリフィルム)を写真にしたもの・写1-18-2-29と写1-18-2-30-3は同一のもの(焼増しヵ)・撮影地域は16ミリフィルム内のテロップによる 昭和6(1931) 龍飛岬または帯島 写真資料 日本常民文化研究所
15 丸太を組み壁上にしたもの 不明 ・渋沢フィルム10「飛島」(昭和6年6月期旅行の16ミリフィルム)を写真にしたもの・写1-18-2-29と写1-18-2-30-3は同一のもの(焼増しヵ)・撮影地域は16ミリフィルム内のテロップによる 昭和6(1931) 龍飛岬または帯島 写真資料 日本常民文化研究所
16 流れ昆布取り 不明 ・昭和9年9月期旅行の16ミリフィルム男鹿オシラアソビ他を写真にしたもの・男鹿オシラアソビ他フィルムには『東北犬歩當棒録』渋沢敬三p84「19 流れ昆布採集具(八戸海岸)」とある写真と同カットがあり、それを参考に同地域・同海岸と考え、題名・県名等はそれを参照 昭和9(1934) 八戸・岩手 写真資料 日本常民文化研究所
17 流れ昆布取り 不明 ・昭和9年9月期旅行の16ミリフィルム男鹿オシラアソビ他を写真にしたもの・男鹿オシラアソビ他フィルムには『東北犬歩當棒録』渋沢敬三p84「19 流れ昆布採集具(八戸海岸)」とある写真と同カットがあり、それを参考に同地域・同海岸と考え、題名・県名等はそれを参照 昭和9(1934) 八戸・岩手 写真資料 日本常民文化研究所
18 流れ昆布採集具 不明 ・昭和9年9月期旅行の16ミリフィルム男鹿オシラアソビ他を写真にしたもの・男鹿オシラアソビ他フィルムには『東北犬歩當棒録』渋沢敬三p.84「19 流れ昆布採集具(八戸海岸)」とある写真と同カットがありそれによれば青森、塩釜跡とすれば旅譜から種市海岸と推定されその場合岩手、題名・県名等はそれらを参照・写1-18-2-35と写1-18-2-36は同一のもの(焼増しヵ) 昭和9(1934) 八戸・岩手 写真資料 日本常民文化研究所
19 流れ昆布採集具 不明 ・昭和9年9月期旅行の16ミリフィルム男鹿オシラアソビ他を写真にしたもの・男鹿オシラアソビ他フィルムには『東北犬歩當棒録』渋沢敬三p.84「19 流れ昆布採集具(八戸海岸)」とある写真と同カットがありそれによれば青森、塩釜跡とすれば旅譜から種市海岸と推定されその場合岩手、題名・県名等はそれらを参照・写1-18-2-35と写1-18-2-36は同一のもの(焼増しヵ) 昭和9(1934) 八戸・岩手 写真資料 日本常民文化研究所
20 おしらさま遊び 不明 ・昭和9年9月期旅行の16ミリフィルム男鹿オシラアソビ他を写真にしたもの・写1-18-2-37と写1-18-2-38は同一の被写体の別カット 昭和9(1934) 青森県八戸 写真資料 日本常民文化研究所

戻る