検索結果一覧

データベース 写真資料
フリーワード
 
  資料名 著者 内容 年代 地域 データベース 所蔵  
1 荒瀬村根子の狩猟の際に山に持っていく魔除けのオコゼ 木川半之丞 ・本資料はナンバリングからアルバム50から抜き出されたものと見られる。アルバム50は全体が調査風景や調査内容、引用・使用媒体から昭和十一年三月に行われた武藤鉄城と高橋文太郎の調査と考えられ、撮影者など詳細はこれら調査をまとめた『秋田マタギ資料』によった(尚、常民文化研究所が所蔵する『秋田マタギ資料』は写真貼付部分が落丁しているので(詳細不明)、典拠は三一書房『日本常民生活資料叢書』第10巻pp..761-888によった。ただし、撮影日・撮影地は木川半之丞撮影であることから、アチックミューゼアム内での撮影の可能性もあり不明とした。   不明 写真資料 日本常民文化研究所
2 荒瀬村根子のマタギの狩猟用具(ヤリ、タテ、マヘカケ、ミノカサ) 高橋文太郎 ・写真が貼られた用紙(No.はこの用紙に振られている、王冠に「S」と「M」を組み合わせた絵の透かしあり、168×136)が台紙に貼付されている・本資料はナンバリングからアルバム50から抜き出されたものと見られる。アルバム50は全体が調査風景や調査内容、引用・使用媒体から昭和十一年三月に行われた武藤鉄城と高橋文太郎の調査と考えられ、撮影者・撮影日など詳細はこれら調査をまとめた『秋田マタギ資料』によった(尚、常民文化研究所が所蔵する『秋田マタギ資料』は写真貼付部分が落丁しているので(詳細不明)、典拠は三一書房『日本常民生活資料叢書』第10巻pp..761-888によった。また同書p.795に「右はヤリ(熊突き用槍)、左はタテ(片刃の槍、熊突き用)。マヘカケ。ミノカサ。(佐藤富松氏蔵)」題名はこれによる。・矢印・棒線は写真に合わせて引いてある 昭和11(1936) 荒瀬村根子 写真資料 日本常民文化研究所
3 荒瀬村根子のマタギの狩猟姿 高橋文太郎 ・写真が貼られた用紙(No.はこの用紙に振られている、王冠に「S」と「M」を組み合わせた絵の透かしあり、168×136)が台紙に貼付されている・本資料はナンバリングからアルバム50から抜き出されたものと見られる。アルバム50は全体が調査風景や調査内容、引用・使用媒体から昭和十一年三月に行われた武藤鉄城と高橋文太郎の調査と考えられ、撮影者・撮影日など詳細はこれら調査をまとめた『秋田マタギ資料』によった(尚、常民文化研究所が所蔵する『秋田マタギ資料』は写真貼付部分が落丁しているので(詳細不明)、典拠は三一書房『日本常民生活資料叢書』第10巻pp..761-888によった。 昭和11(1936) 荒瀬村根子 写真資料 日本常民文化研究所
4 秋田県仙北郡上檜木内村字堀内のオイヌ社 武藤鉄城・高橋文太郎 ・写真が貼られた用紙(No.はこの用紙に振られている、王冠に「S」と「M」を組み合わせた絵の透かしあり、168×136)が台紙に貼付されている・本資料はナンバリングからアルバム50から抜き出されたものと見られる。アルバム50は全体が調査風景や調査内容、引用・使用媒体から昭和十一年三月に行われた武藤鉄城と高橋文太郎の調査と考えられ、撮影者・撮影日など詳細はこれら調査をまとめた『秋田マタギ資料』によった(尚、常民文化研究所が所蔵する『秋田マタギ資料』は写真貼付部分が落丁しているので(詳細不明)、典拠は三一書房『日本常民生活資料叢書』第10巻pp..761-888によった) 昭和11(1936) 仙北郡上檜木内字堀内 写真資料 日本常民文化研究所
5 秋田県仙北郡檜木内村字堀内の狩猟神 武藤鉄城・高橋文太郎 ・写真が貼られた用紙(No.はこの用紙に振られている、王冠に「S」と「M」を組み合わせた絵の透かしあり、168×136)が台紙に貼付されている・本資料はナンバリングからアルバム50から抜き出されたものと見られる。アルバム50は全体が調査風景や調査内容、引用・使用媒体から昭和十一年三月に行われた武藤鉄城と高橋文太郎の調査と考えられ、撮影者・撮影日など詳細はこれら調査をまとめた『秋田マタギ資料』によった(尚、常民文化研究所が所蔵する『秋田マタギ資料』は写真貼付部分が落丁しているので(詳細不明)、典拠は三一書房『日本常民生活資料叢書』第10巻pp..761-888によった) 昭和11(1936) 仙北郡上檜木内字堀内 写真資料 日本常民文化研究所
6 荒瀬村根子のマタギ姿(正面)の男性と犬 高橋文太郎 ・写真が貼られた用紙(No.はこの用紙に振られている、王冠に「S」と「M」を組み合わせた絵の透かしあり、168×136)が台紙に貼付されている・本資料はナンバリングからアルバム50から抜き出されたものと見られる。アルバム50は全体が調査風景や調査内容、引用・使用媒体から昭和十一年三月に行われた武藤鉄城と高橋文太郎の調査と考えられ、撮影者・撮影日など詳細はこれら調査をまとめた『秋田マタギ資料』によった(尚、常民文化研究所が所蔵する『秋田マタギ資料』は写真貼付部分が落丁しているので(詳細不明)、典拠は三一書房『日本常民生活資料叢書』第10巻pp..761-888によった。また同書p.796に「ムサヽビ(ももんが)をりて帰りたるマタギの姿(同上部落)背に著てゐるのは犬皮。生ゴムの長靴に輪?をつけてゐる。」とあり題名はこれによる 昭和11(1936) 荒瀬村根子 写真資料 日本常民文化研究所
7 マタギ姿の鈴木甚之助と赤上政治郎(後ろ向き) 高橋文太郎 ・写真が貼られた用紙(No.はこの用紙に振られている、王冠に「S」と「M」を組み合わせた絵の透かしあり、168×136)が台紙に貼付されている・『秋田マタギ資料』写真解説には仙北郡檜木内村檜木内字寺村とある・本資料はナンバリングからアルバム50から抜き出されたものと見られる。アルバム50は全体が調査風景や調査内容、引用・使用媒体から昭和十一年三月に行われた武藤鉄城と高橋文太郎の調査と考えられ、撮影者・撮影日など詳細はこれら調査をまとめた『秋田マタギ資料』によった(尚、常民文化研究所が所蔵する『秋田マタギ資料』は写真貼付部分が落丁しているので(詳細不明)、典拠は三一書房『日本常民生活資料叢書』第10巻pp..761-888によった)また同書p.797に「仙北郡檜木内村檜木内字寺村のマタギである鈴木甚之助(左)と赤上政治郎(右、明治四十年三月生)の両氏。(中略)第二二図 同上氏の背面」とあり題名はこれによる 昭和11(1936) 仙北郡檜木内村檜木内字寺村 写真資料 日本常民文化研究所
8 荒瀬村根子のマタギの狩猟用具(コガタナ、ヌヒバリ、タケヅツ、アブラトリ包丁、火縄、テウエ、イジヤラ、コガタナ、犬の引綱) 高橋文太郎 ・本資料はナンバリングからアルバム50から抜き出されたものと見られる。アルバム50は全体が調査風景や調査内容、引用・使用媒体から昭和十一年三月に行われた武藤鉄城と高橋文太郎の調査と考えられ、撮影者・撮影日など詳細はこれら調査をまとめた『秋田マタギ資料』によった(尚、常民文化研究所が所蔵する『秋田マタギ資料』は写真貼付部分が落丁しているので(詳細不明)、典拠は三一書房『日本常民生活資料叢書』第10巻pp..761-888によった。 昭和11(1936) 荒瀬村根子 写真資料 日本常民文化研究所
9 荒瀬村根子の狩猟の際に山に持っていく魔除けのオコゼ 木川半之丞 ・本資料はナンバリングからアルバム50から抜き出されたものと見られる。アルバム50は全体が調査風景や調査内容、引用・使用媒体から昭和十一年三月に行われた武藤鉄城と高橋文太郎の調査と考えられ、撮影者・撮影日など詳細はこれら調査をまとめた『秋田マタギ資料』によった(尚、常民文化研究所が所蔵する『秋田マタギ資料』は写真貼付部分が落丁しているので(詳細不明)、典拠は三一書房『日本常民生活資料叢書』第10巻pp..761-888によった。本資料は写1-3-22の別カットのため、撮影者はこれによる。   不明 写真資料 日本常民文化研究所
10 荒瀬村根子の狩猟の際に山に持っていく魔除けのオコゼ 木川半之丞 ・本資料はナンバリングからアルバム50から抜き出されたものと見られる。アルバム50は全体が調査風景や調査内容、引用・使用媒体から昭和十一年三月に行われた武藤鉄城と高橋文太郎の調査と考えられ、撮影者・撮影日など詳細はこれら調査をまとめた『秋田マタギ資料』によった(尚、常民文化研究所が所蔵する『秋田マタギ資料』は写真貼付部分が落丁しているので(詳細不明)、典拠は三一書房『日本常民生活資料叢書』第10巻pp..761-888によった。本資料は写1-3-22の別カットのため、撮影者はこれによる。   不明 写真資料 日本常民文化研究所
11 佐藤富松氏のマタギ姿(後ろ向き) 高橋文太郎 ・写真が貼られた用紙(No.はこの用紙に振られている、王冠に「S」と「M」を組み合わせた絵の透かしあり、168×136)が台紙に貼付されている・本資料はナンバリングからアルバム50から抜き出されたものと見られる。アルバム50は全体が調査風景や調査内容、引用・使用媒体から昭和十一年三月に行われた武藤鉄城と高橋文太郎の調査と考えられ、撮影者・撮影日など詳細はこれら調査をまとめた『秋田マタギ資料』によった(尚、常民文化研究所が所蔵する『秋田マタギ資料』は写真貼付部分が落丁しているので(詳細不明)、典拠は三一書房『日本常民生活資料叢書』第10巻pp..761-888によった。また同書pp..793-794に「第四図マタギ姿 一 冨地佐藤富松氏(冨年三十七歳)。現今は段々この古式の服装が廃されてゐる。(中略)マタギ姿 二 カサの下から背にフロシキの端が三角形に垂れてゐる。」とあり題名はこれによる・台紙解説は紙は途中で切れている 昭和11(1936) 荒瀬村根子 写真資料 日本常民文化研究所
12 荒瀬村根子のマタギの狩猟用具 高橋文太郎 ・写真が貼られた用紙(No.はこの用紙に振られている、王冠に「S」と「M」を組み合わせた絵の透かしあり、168×136)が台紙に貼付されている・本資料はナンバリングからアルバム50から抜き出されたものと見られる。アルバム50は全体が調査風景や調査内容、引用・使用媒体から昭和十一年三月に行われた武藤鉄城と高橋文太郎の調査と考えられ、撮影者・撮影日など詳細はこれら調査をまとめた『秋田マタギ資料』によった(尚、常民文化研究所が所蔵する『秋田マタギ資料』は写真貼付部分が落丁しているので(詳細不明)、典拠は三一書房『日本常民生活資料叢書』第10巻pp..761-888によった。・矢印は写真に合わせて引いてあり、解説も向きが90度回転している 昭和11(1936) 荒瀬村根子 写真資料 日本常民文化研究所
13 踏俵を履いて雪を踏み固める吉田三郎 大西伍一 ・吉田三郎『男鹿寒風山麓農民手記』p1「この原稿の挿繪の撮影かたがた君の村を見たいとのことで、澁澤子爵石黒忠篤氏其の他民俗研究者の一行八名が君の家を訪れたのは去年の九月のことでした」とあることから、本資料は昭和9年9月のアチック一行による男鹿・石神・八戸の調査の際に脇本村に立ち寄られた時点から、同書が印刷・出版されるまでの昭和10年2月までの間に撮影されたものと推定される。本資料については同書p20-21に関連の記述がある。 昭和9(1934) 秋田県脇本村 写真資料 日本常民文化研究所
14 田んぼへ肥料を運ぶ吉田三郎 大西伍一 ・吉田三郎『男鹿寒風山麓農民手記』p1「この原稿の挿繪の撮影かたがた君の村を見たいとのことで、澁澤子爵石黒忠篤氏其の他民俗研究者の一行八名が君の家を訪れたのは去年の九月のことでした」とあることから、本資料は昭和9年9月のアチック一行による男鹿・石神・八戸の調査の際に脇本村に立ち寄られた時点から、同書が印刷・出版されるまでの昭和10年2月までの間に撮影されたものと推定される。本資料については同書p20に関連の記述がある。 昭和9(1934) 秋田県脇本村 写真資料 日本常民文化研究所
15 マドと呼ばれる五重丸の柄の凧 大西伍一 ・吉田三郎『男鹿寒風山麓農民手記』p1「この原稿の挿繪の撮影かたがた君の村を見たいとのことで、澁澤子爵石黒忠篤氏其の他民俗研究者の一行八名が君の家を訪れたのは去年の九月のことでした」とあることから、本資料は昭和9年9月のアチック一行による男鹿・石神・八戸の調査の際に脇本村に立ち寄られた時点から、同書が印刷・出版されるまでの昭和10年2月までの間に撮影されたものと推定される。本資料については同書p91-93に関連の記述がある。 昭和9(1934) 秋田県脇本村 写真資料 日本常民文化研究所
16 八面ベラと呼ばれる凧 大西伍一 ・吉田三郎『男鹿寒風山麓農民手記』p1「この原稿の挿繪の撮影かたがた君の村を見たいとのことで、澁澤子爵石黒忠篤氏其の他民俗研究者の一行八名が君の家を訪れたのは去年の九月のことでした」とあることから、本資料は昭和9年9月のアチック一行による男鹿・石神・八戸の調査の際に脇本村に立ち寄られた時点から、同書が印刷・出版されるまでの昭和10年2月までの間に撮影されたものと推定される。本資料については同書p91-93に関連の記述がある。・台紙右上には付箋が破れて残ったものが張り付いている。 昭和9(1934) 秋田県脇本村 写真資料 日本常民文化研究所
17 藤琴の駒踊り 不明 ・昭和9年9月期旅行の16ミリフィルム男鹿オシラアソビ他を写真にしたものか・写1-18-2-12と写1-18-2-13は同一のもの(焼増しヵ)・撮影地、撮影年月日は16ミリフィルム男鹿オシラアソビ他、『犬歩当棒録』旅譜からの推定。 昭和9(1934) 秋田県藤琴 写真資料 日本常民文化研究所
18 藤琴の駒踊り 不明 ・昭和9年9月期旅行の16ミリフィルム男鹿オシラアソビ他を写真にしたものか・写1-18-2-12と写1-18-2-13は同一のもの(焼増しヵ)・撮影地、撮影年月日は16ミリフィルム男鹿オシラアソビ他、『犬歩当棒録』旅譜からの推定。 昭和9(1934) 秋田県藤琴 写真資料 日本常民文化研究所
19 菅江真澄翁の墓 不明 ・写真裏面に紙テープ状のもので貼った跡がある 昭和17(1942) 秋田 写真資料 日本常民文化研究所
20 秋田県金足村の奈良家の母家(本家) 不明 ・上辺にテープが付着・本資料は『東北犬歩当棒録』に掲載するための版下写真ヵ   不明 写真資料 日本常民文化研究所

戻る