検索結果一覧

データベース 写真資料
フリーワード
 
  資料名 著者 内容 年代 地域 データベース 所蔵  
1 正徳年間の真鍋島 不明     不明 写真資料 日本常民文化研究所
2 真鍋増太郎家文書四四 不明     不明 写真資料 日本常民文化研究所
3 真鍋増太郎家文書三九 不明     不明 写真資料 日本常民文化研究所
4 正徳年間の真鍋島 不明     不明 写真資料 日本常民文化研究所
5 鼠絵図 不明     不明 写真資料 日本常民文化研究所
6 草鞋 不明 ・ア101-33~35と同一の被写体、このアルバムの写真を接写したものヵ 昭和12(1937) 岡山 写真資料 日本常民文化研究所
7 草履 不明 ・ア101-36~38と同一の被写体、このアルバムの写真を接写したものヵ 昭和12(1937) 岡山 写真資料 日本常民文化研究所
8 草履 不明 ・ア101-30~32と同一の被写体、このアルバムの写真を接写したものヵ 昭和12(1937) 岡山 写真資料 日本常民文化研究所
9 草鞋 不明 ・ア101-27~29と同一の被写体、このアルバムの写真を接写したものヵ 昭和12(1937) 岡山 写真資料 日本常民文化研究所
10 下駄 不明 ・ア101-39~41と同一の被写体、このアルバムの写真を接写したものヵ 昭和12(1937) 岡山 写真資料 日本常民文化研究所
11 草鞋 不明 ・ア101-24~26と同一の被写体、このアルバムの写真を接写したものヵ 昭和12(1937) 岡山 写真資料 日本常民文化研究所
12 池田家所蔵洛中洛外図屏風接写 魚屋・町屋 不明 ・ア101-3~5と同一の被写体、このアルバムの写真を接写したものヵ 昭和12(1937) 岡山 写真資料 日本常民文化研究所
13 池田家所蔵洛中洛外図屏風接写 頭上に籠を載せる人 不明 ・ア101-12~14と同一の被写体、このアルバムの写真を接写したものヵ 昭和12(1937) 岡山 写真資料 日本常民文化研究所
14 池田家所蔵洛中洛外図屏風接写 叺・稲藁のようなものを背負い走る人 不明 ・ア101-9~11と同一の被写体、このアルバムの写真を接写したものヵ 昭和12(1937) 岡山 写真資料 日本常民文化研究所
15 池田家所蔵洛中洛外図屏風接写 鐘を突く人 不明 ・ア101-21~23と同一の被写体、このアルバムの写真を接写したものヵ 昭和12(1937) 岡山 写真資料 日本常民文化研究所
16 池田家所蔵洛中洛外図屏風接写 井戸で水を汲む人 不明 ・ア101-15~17と同一の被写体、このアルバムの写真を接写したものヵ・乳剤面に剥離あり 昭和12(1937) 岡山 写真資料 日本常民文化研究所
17 池田家所蔵洛中洛外図屏風接写 魚獲り 不明 ・ア101-6~8と同一の被写体、このアルバムの写真を接写したものヵ 昭和12(1937) 岡山 写真資料 日本常民文化研究所
18 池田家所蔵洛中洛外図屏風接写 馬に乗る人と軒先に多くの草履をかける家屋 不明 ・ア101-18~20と同一の被写体、このアルバムの写真を接写したものヵ 昭和12(1937) 岡山 写真資料 日本常民文化研究所
19 オコンジン様 不明 ・『瀬戸内海島嶼巡訪日記』写真7と同じ大きさのトリミング指示が写真の裏面にあり・『瀬戸内海島嶼巡訪日記』p.17にある「金神様」の記載は櫻田勝徳 昭和12(1937) 釜島 写真資料 日本常民文化研究所
20 ツボカゴとドーマルカゴ 宮本馨太郎 ・『瀬戸内海島嶼巡訪日記』p.18には「ツボカゴ」の図と説明、また「ドーマルカゴ」の図と説明があり、写真を掲載したのではなく図にしたことがわかる、因みに「ツボカゴ」「ドーマルカゴ」の記載は磯貝勇・裏面記載の■は書き損じを鉛筆で塗りつぶしたものヵ・他研究機関所蔵資料によると、撮影地は六口島である可能性が高く、写真裏面記載文中の「テワラ」の記載がある釜島の可能性は低い・撮影者は他研究機関所蔵資料による 昭和12(1937) 六口島 写真資料 日本常民文化研究所

戻る