検索結果一覧

データベース 写真資料
フリーワード
 
  資料名 著者 内容 年代 地域 データベース 所蔵  
1 吉野郡十津川村小森附近にて手拭いを被り、腰にコシアテをつけた女性達 高橋文太郎 ・ア-22-19に写っている女性達の後姿と思われる。・本資料は高橋文太郎『山と民俗』p156に関連の記述が見られる。またp177から、昭和8年1月7日に撮影されたものと推定される。 昭和8(1933) 奈良県吉野郡十津川村小森附近 写真資料 日本常民文化研究所
2 吉野郡十津川村池穴の集落と十津川本流にかかる吊り橋 高橋文太郎 ・ア-22-17と同被写体を違う角度から撮った写真。・本資料は高橋文太郎『山と民俗』p154,177によると、昭和8年1月7日に撮影されたものと推定される。 昭和8(1933) 奈良県吉野郡十津川村池穴 写真資料 日本常民文化研究所
3 吉野郡十津川村風屋の家並み 高橋文太郎 ・本資料は高橋文太郎『山と民俗』p151,177によると、昭和8年1月7日に撮影されたものと推定される。 昭和8(1933) 奈良県吉野郡十津川村風屋 写真資料 日本常民文化研究所
4 吉野郡十津川村小森の家屋に立て掛けられた板箕と竹籠 高橋文太郎 ・本資料は高橋文太郎『山と民俗』p157,160,177によると、昭和8年1月7日に撮影されたものと推定される。 昭和8(1933) 奈良県吉野郡十津川村小森 写真資料 日本常民文化研究所
5 吉野郡十津川村折立にて鹿革製の羽織と袴を着用した男性 高橋文太郎 ・本資料は高橋文太郎『山と民俗』p161,165,166,17
8によると、昭和8年1月8日に撮影されたものと推定される。
昭和8(1933) 奈良県吉野郡十津川村折立 写真資料 日本常民文化研究所
6 吉野郡十津川村池穴の集落と十津川本流にかかる吊り橋 高橋文太郎 ・写1-11-10と同被写体を違う角度から撮った写真。・本資料は高橋文太郎『山と民俗』p154,177によると、昭和8年1月7日に撮影されたものと推定される。 昭和8(1933) 奈良県吉野郡十津川村池穴 写真資料 日本常民文化研究所
7 吉野郡十津川村小森附近にて腰に山包丁と矢立を挿す男性 高橋文太郎 ・台紙記載のうち「711」はナンバリングの打ち損じを訂正したもの・本資料は高橋文太郎『山と民俗』p155に関連の記述が見られる。またp177から、昭和8年1月7日に撮影されたものと推定される。 昭和8(1933) 奈良県吉野郡十津川村小森附近 写真資料 日本常民文化研究所
8 吉野郡十津川村小森附近にて手拭いを被り、腰にコシアテをつけた女性達 高橋文太郎 ・写1-11-9に写っている後姿の女性達と思われる。・本資料は高橋文太郎『山と民俗』p156に関連の記述が見られる。またp177から、昭和8年1月7日に撮影されたものと推定される。 昭和8(1933) 奈良県吉野郡十津川村小森附近 写真資料 日本常民文化研究所
9 吉野郡十津川村小森の民家と斜面に拓かれた畑 高橋文太郎 ・本資料は高橋文太郎『山と民俗』p157に関連の記述が見られる。またp177から、昭和8年1月7日に撮影されたものと推定される。 昭和8(1933) 奈良県吉野郡十津川村小森 写真資料 日本常民文化研究所
10 吉野郡十津川村小森の民家の軒下に吊されたカンピョウ(甘藷の輪切り) 高橋文太郎 ・本資料は高橋文太郎『山と民俗』p159に関連の記述が見られる。またp177から、昭和8年1月7日に撮影されたものと推定される。 昭和8(1933) 奈良県吉野郡十津川村小森 写真資料 日本常民文化研究所
11 吉野郡十津川村風屋附近にて十津川本流を望む 高橋文太郎 ・本資料は高橋文太郎『山と民俗』p151,177によると、昭和8年1月7日に撮影されたものと推定される。 昭和8(1933) 奈良県吉野郡十津川村風屋 写真資料 日本常民文化研究所
12 吉野郡十津川村風屋集落の遠景 高橋文太郎 ・本資料は高橋文太郎『山と民俗』p151,177によると、昭和8年1月7日に撮影されたものと推定される。 昭和8(1933) 奈良県吉野郡十津川村風屋 写真資料 日本常民文化研究所
13 吉野郡十津川村風屋の集落内の道 高橋文太郎 ・本資料は高橋文太郎『山と民俗』p151,177によると、昭和8年1月7日に撮影されたものと推定される。 昭和8(1933) 奈良県吉野郡十津川村風屋 写真資料 日本常民文化研究所

戻る