検索結果一覧

データベース 写真資料
フリーワード
 
  資料名 著者 内容 年代 地域 データベース 所蔵  
1 荒瀬村根子のマタギの狩猟用具(ヤリ、タテ、マヘカケ、ミノカサ) 高橋文太郎 ・写真が貼られた用紙(No.はこの用紙に振られている、王冠に「S」と「M」を組み合わせた絵の透かしあり、168×136)が台紙に貼付されている・本資料はナンバリングからアルバム50から抜き出されたものと見られる。アルバム50は全体が調査風景や調査内容、引用・使用媒体から昭和十一年三月に行われた武藤鉄城と高橋文太郎の調査と考えられ、撮影者・撮影日など詳細はこれら調査をまとめた『秋田マタギ資料』によった(尚、常民文化研究所が所蔵する『秋田マタギ資料』は写真貼付部分が落丁しているので(詳細不明)、典拠は三一書房『日本常民生活資料叢書』第10巻pp..761-888によった。また同書p.795に「右はヤリ(熊突き用槍)、左はタテ(片刃の槍、熊突き用)。マヘカケ。ミノカサ。(佐藤富松氏蔵)」題名はこれによる。・矢印・棒線は写真に合わせて引いてある 昭和11(1936) 荒瀬村根子 写真資料 日本常民文化研究所
2 荒瀬村根子のマタギの狩猟姿 高橋文太郎 ・写真が貼られた用紙(No.はこの用紙に振られている、王冠に「S」と「M」を組み合わせた絵の透かしあり、168×136)が台紙に貼付されている・本資料はナンバリングからアルバム50から抜き出されたものと見られる。アルバム50は全体が調査風景や調査内容、引用・使用媒体から昭和十一年三月に行われた武藤鉄城と高橋文太郎の調査と考えられ、撮影者・撮影日など詳細はこれら調査をまとめた『秋田マタギ資料』によった(尚、常民文化研究所が所蔵する『秋田マタギ資料』は写真貼付部分が落丁しているので(詳細不明)、典拠は三一書房『日本常民生活資料叢書』第10巻pp..761-888によった。 昭和11(1936) 荒瀬村根子 写真資料 日本常民文化研究所
3 秋田県仙北郡上檜木内村字堀内のオイヌ社 武藤鉄城・高橋文太郎 ・写真が貼られた用紙(No.はこの用紙に振られている、王冠に「S」と「M」を組み合わせた絵の透かしあり、168×136)が台紙に貼付されている・本資料はナンバリングからアルバム50から抜き出されたものと見られる。アルバム50は全体が調査風景や調査内容、引用・使用媒体から昭和十一年三月に行われた武藤鉄城と高橋文太郎の調査と考えられ、撮影者・撮影日など詳細はこれら調査をまとめた『秋田マタギ資料』によった(尚、常民文化研究所が所蔵する『秋田マタギ資料』は写真貼付部分が落丁しているので(詳細不明)、典拠は三一書房『日本常民生活資料叢書』第10巻pp..761-888によった) 昭和11(1936) 仙北郡上檜木内字堀内 写真資料 日本常民文化研究所
4 秋田県仙北郡檜木内村字堀内の狩猟神 武藤鉄城・高橋文太郎 ・写真が貼られた用紙(No.はこの用紙に振られている、王冠に「S」と「M」を組み合わせた絵の透かしあり、168×136)が台紙に貼付されている・本資料はナンバリングからアルバム50から抜き出されたものと見られる。アルバム50は全体が調査風景や調査内容、引用・使用媒体から昭和十一年三月に行われた武藤鉄城と高橋文太郎の調査と考えられ、撮影者・撮影日など詳細はこれら調査をまとめた『秋田マタギ資料』によった(尚、常民文化研究所が所蔵する『秋田マタギ資料』は写真貼付部分が落丁しているので(詳細不明)、典拠は三一書房『日本常民生活資料叢書』第10巻pp..761-888によった) 昭和11(1936) 仙北郡上檜木内字堀内 写真資料 日本常民文化研究所
5 荒瀬村根子のマタギ姿(正面)の男性と犬 高橋文太郎 ・写真が貼られた用紙(No.はこの用紙に振られている、王冠に「S」と「M」を組み合わせた絵の透かしあり、168×136)が台紙に貼付されている・本資料はナンバリングからアルバム50から抜き出されたものと見られる。アルバム50は全体が調査風景や調査内容、引用・使用媒体から昭和十一年三月に行われた武藤鉄城と高橋文太郎の調査と考えられ、撮影者・撮影日など詳細はこれら調査をまとめた『秋田マタギ資料』によった(尚、常民文化研究所が所蔵する『秋田マタギ資料』は写真貼付部分が落丁しているので(詳細不明)、典拠は三一書房『日本常民生活資料叢書』第10巻pp..761-888によった。また同書p.796に「ムサヽビ(ももんが)をりて帰りたるマタギの姿(同上部落)背に著てゐるのは犬皮。生ゴムの長靴に輪?をつけてゐる。」とあり題名はこれによる 昭和11(1936) 荒瀬村根子 写真資料 日本常民文化研究所
6 マタギ姿の鈴木甚之助と赤上政治郎(後ろ向き) 高橋文太郎 ・写真が貼られた用紙(No.はこの用紙に振られている、王冠に「S」と「M」を組み合わせた絵の透かしあり、168×136)が台紙に貼付されている・『秋田マタギ資料』写真解説には仙北郡檜木内村檜木内字寺村とある・本資料はナンバリングからアルバム50から抜き出されたものと見られる。アルバム50は全体が調査風景や調査内容、引用・使用媒体から昭和十一年三月に行われた武藤鉄城と高橋文太郎の調査と考えられ、撮影者・撮影日など詳細はこれら調査をまとめた『秋田マタギ資料』によった(尚、常民文化研究所が所蔵する『秋田マタギ資料』は写真貼付部分が落丁しているので(詳細不明)、典拠は三一書房『日本常民生活資料叢書』第10巻pp..761-888によった)また同書p.797に「仙北郡檜木内村檜木内字寺村のマタギである鈴木甚之助(左)と赤上政治郎(右、明治四十年三月生)の両氏。(中略)第二二図 同上氏の背面」とあり題名はこれによる 昭和11(1936) 仙北郡檜木内村檜木内字寺村 写真資料 日本常民文化研究所
7 荒瀬村根子のマタギの狩猟用具(コガタナ、ヌヒバリ、タケヅツ、アブラトリ包丁、火縄、テウエ、イジヤラ、コガタナ、犬の引綱) 高橋文太郎 ・本資料はナンバリングからアルバム50から抜き出されたものと見られる。アルバム50は全体が調査風景や調査内容、引用・使用媒体から昭和十一年三月に行われた武藤鉄城と高橋文太郎の調査と考えられ、撮影者・撮影日など詳細はこれら調査をまとめた『秋田マタギ資料』によった(尚、常民文化研究所が所蔵する『秋田マタギ資料』は写真貼付部分が落丁しているので(詳細不明)、典拠は三一書房『日本常民生活資料叢書』第10巻pp..761-888によった。 昭和11(1936) 荒瀬村根子 写真資料 日本常民文化研究所
8 佐藤富松氏のマタギ姿(後ろ向き) 高橋文太郎 ・写真が貼られた用紙(No.はこの用紙に振られている、王冠に「S」と「M」を組み合わせた絵の透かしあり、168×136)が台紙に貼付されている・本資料はナンバリングからアルバム50から抜き出されたものと見られる。アルバム50は全体が調査風景や調査内容、引用・使用媒体から昭和十一年三月に行われた武藤鉄城と高橋文太郎の調査と考えられ、撮影者・撮影日など詳細はこれら調査をまとめた『秋田マタギ資料』によった(尚、常民文化研究所が所蔵する『秋田マタギ資料』は写真貼付部分が落丁しているので(詳細不明)、典拠は三一書房『日本常民生活資料叢書』第10巻pp..761-888によった。また同書pp..793-794に「第四図マタギ姿 一 冨地佐藤富松氏(冨年三十七歳)。現今は段々この古式の服装が廃されてゐる。(中略)マタギ姿 二 カサの下から背にフロシキの端が三角形に垂れてゐる。」とあり題名はこれによる・台紙解説は紙は途中で切れている 昭和11(1936) 荒瀬村根子 写真資料 日本常民文化研究所
9 荒瀬村根子のマタギの狩猟用具 高橋文太郎 ・写真が貼られた用紙(No.はこの用紙に振られている、王冠に「S」と「M」を組み合わせた絵の透かしあり、168×136)が台紙に貼付されている・本資料はナンバリングからアルバム50から抜き出されたものと見られる。アルバム50は全体が調査風景や調査内容、引用・使用媒体から昭和十一年三月に行われた武藤鉄城と高橋文太郎の調査と考えられ、撮影者・撮影日など詳細はこれら調査をまとめた『秋田マタギ資料』によった(尚、常民文化研究所が所蔵する『秋田マタギ資料』は写真貼付部分が落丁しているので(詳細不明)、典拠は三一書房『日本常民生活資料叢書』第10巻pp..761-888によった。・矢印は写真に合わせて引いてあり、解説も向きが90度回転している 昭和11(1936) 荒瀬村根子 写真資料 日本常民文化研究所
10 越後赤谷村瀧谷国有林内にて、千匹万匹の祭(熊の毛皮を剥いだところ) 高橋文太郎 ・台紙記載のうち「狩猟」、「?」、「イ」の記載はそれぞれ○で囲まれている・台紙記載に「朝日嶽?」となっていること、昭和12年4月13日の新潟県北蒲原郡赤谷村での熊狩の様子が書かれた高橋文太郎「山と人の生活」p29には本資料の前の場面の写真が掲載されていること、同書p24-25に「千匹万匹」の記述があること、などから引用・使用媒体にある「毛祭(山形県朝日岳山麓」は誤りで撮影地は新潟県北蒲原郡赤谷村、撮影年月日は昭和12年4月13日、撮影者は外装記載なども考慮し高橋文太郎とした。 昭和12(1937) 新潟県北蒲原郡赤谷村瀧谷 写真資料 日本常民文化研究所
11 越後赤谷村瀧谷の熊の皮張 高橋文太郎 ・昭和12年4月13日の新潟県北蒲原郡赤谷村での熊狩の様子が書かれた高橋文太郎「山と人の生活」p9-63から、撮影地は新潟県北蒲原郡赤谷村、撮影年月日は昭和12年4月13日前後、撮影者は外装記載なども考慮し高橋文太郎とした。 昭和12(1937) 新潟県北蒲原郡赤谷村瀧谷 写真資料 日本常民文化研究所
12 越後赤谷村瀧谷にて剥いだ熊の皮を張り伸ばしているところ(写真は皮の表側) 高橋文太郎 ・昭和12年4月13日の新潟県北蒲原郡赤谷村での熊狩の様子が書かれた高橋文太郎「山と人の生活」p9-63から、撮影地は新潟県北蒲原郡赤谷村、撮影年月日は昭和12年4月13日前後、撮影者は外装記載なども考慮し高橋文太郎とした。 昭和12(1937) 新潟県北蒲原郡赤谷村瀧谷 写真資料 日本常民文化研究所
13 越後赤谷村上赤谷の井上村長宅囲炉裏端に座る女性と子ども 高橋文太郎 ・台紙記載には「新潟県岩船町三面村三面」とあるが、写真記載に「赤谷村上赤谷井上村長宅」とあること、昭和12年4月13日の新潟県北蒲原郡赤谷村での熊狩の様子が書かれた高橋文太郎「山と人の生活」p9-63から、台紙記載は誤りで、撮影地は新潟県北蒲原郡赤谷村と見られる。同書より撮影年月日は昭和12年4月13日前後、撮影者は引用・使用媒体、外装記載なども考慮し高橋文太郎とした。・アルバム18-30とほぼ同一の写真(被写体として老女の隣に女の子がいない) 昭和12(1937) 新潟県北蒲原郡赤谷村上赤谷 写真資料 日本常民文化研究所
14 吉野郡十津川村小森附近にて手拭いを被り、腰にコシアテをつけた女性達 高橋文太郎 ・ア-22-19に写っている女性達の後姿と思われる。・本資料は高橋文太郎『山と民俗』p156に関連の記述が見られる。またp177から、昭和8年1月7日に撮影されたものと推定される。 昭和8(1933) 奈良県吉野郡十津川村小森附近 写真資料 日本常民文化研究所
15 吉野郡十津川村池穴の集落と十津川本流にかかる吊り橋 高橋文太郎 ・ア-22-17と同被写体を違う角度から撮った写真。・本資料は高橋文太郎『山と民俗』p154,177によると、昭和8年1月7日に撮影されたものと推定される。 昭和8(1933) 奈良県吉野郡十津川村池穴 写真資料 日本常民文化研究所
16 南牟婁郡泊村古泊にて頭に薪を載せた女性 高橋文太郎 ・ア-22-27と同被写体を違う角度から撮った写真。・本資料は高橋文太郎『山と民俗』p175に関連の記述が見られる。またp178から、昭和8年1月8日に撮影されたものと推定される。・引用・使用媒体の『早川孝太郎全集ⅩⅡ』p511では昭和8年1月9日となっているが、ここでは高橋文太郎『山と民俗』に記載の日程を優先した。 昭和8(1933) 三重県南牟婁郡泊村古泊浦 写真資料 日本常民文化研究所
17 南牟婁郡泊村古泊にて腰からボッツリ(籠)を提げた女性と子ども 高橋文太郎 ・ア-22-29と同被写体を違う角度から撮った写真。・本資料は高橋文太郎『山と民俗』p176に関連の記述が見られる。またp178から、昭和8年1月8日に撮影されたものと推定される。 昭和8(1933) 三重県南牟婁郡泊村古泊 写真資料 日本常民文化研究所
18 東牟婁郡新宮町にて柑橘類を並べた店先 高橋文太郎 ・本資料は高橋文太郎『山と民俗』p168-169に関連の記述が見られる。またp178から、昭和8年1月8日に撮影されたものと推定される。 昭和8(1933) 和歌山県県東牟郡新宮町 写真資料 日本常民文化研究所
19 新宮町の風景 高橋文太郎 ・本資料は高橋文太郎『山と民俗』p167-169に関連の記述が見られる。またp178から、昭和8年1月8日に撮影されたものと推定される。 昭和8(1933) 和歌山県県東牟郡新宮町 写真資料 日本常民文化研究所
20 南牟婁郡泊村古泊にてオイネという綿入れの布団を使った子守 高橋文太郎 ・台紙記載のうち「7.1」と「子守」は○で囲まれている。写真余白部分にも書き込みがあり「1.7×1.6」(縦方向横書き)とある。横線「―」は写真余白部分にも掛かっており編集跡と思われる。・本資料は高橋文太郎『山と民俗』p176に関連の記述が見られる。またp178から、昭和8年1月8日に撮影されたものと推定される。 昭和8(1933) 三重県南牟婁郡泊村古泊浦 写真資料 日本常民文化研究所

戻る