検索結果一覧

データベース 写真資料
フリーワード
 
  資料名 著者 内容 年代 地域 データベース 所蔵  
1 北設楽郡本郷町中在家の花祭面 玉生道経 ・撮影場所、撮影年月日は『本山雑記』p.226の記述により、玉生道経が中在家花祭に同行した昭和10年1月2,3日に撮影されたものと推定した、本資料に写る面は前年に撮影された16ミリフィルム「花祭り」07:53に見える、また、昭和5年に澁澤邸で撮影された16ミリフィルム「花祭り綱町邸」15:37にも見える 昭和8(1933) 北設楽郡本郷町中在家 写真資料 日本常民文化研究所
2 北設楽郡本郷町中在家の花祭の朝鬼面 玉生道経 ・撮影場所、撮影年月日は『本山雑記』p.226の記述により、玉生道経が中在家花祭に同行した昭和10年1月2,3日に撮影されたものと推定した、本資料に写る面は前年に撮影された16ミリフィルム「花祭り」08:09に見える 昭和8(1933) 北設楽郡本郷町中在家 写真資料 日本常民文化研究所
3 北設楽郡本郷町中在家の花祭の山割鬼面 玉生道経 ・本資料とア-27-12は同一の被写体、同一の場面、撮影場所、撮影年月日は『本山雑記』p.226の記述により、玉生道経が中在家花祭に同行した昭和10年1月2,3日に撮影されたものと推定した 昭和8(1933) 北設楽郡本郷町中在家 写真資料 日本常民文化研究所
4 北設楽郡本郷町中在家の花祭の榊鬼面 玉生道経 ・本資料とア-27-11は同一の被写体、同一の場面、撮影場所、撮影年月日は『本山雑記』p.226の記述により、玉生道経が中在家花祭に同行した昭和10年1月2,3日に撮影されたものと推定、本資料に写る榊鬼面は前年に撮影された16ミリフィルム「花祭り」08:32に見える・撮影者は台紙記載による 昭和8(1933) 北設楽郡本郷町中在家 写真資料 日本常民文化研究所
5 苔の生える石の間から咲く一輪の花 玉生道経 ・撮影年月日は『本山雑記』p226の記述により、玉生道経が中在家花祭に同行した昭和10年1月2・3日に撮影されたものと推定. 昭和10(1935) 三河田口附近 写真資料 日本常民文化研究所
6 花祭見学の一行(宇野圓空、澁澤敬三、早川孝太郎、小川徹、市川信次ほか) 玉生道経 ・引用・使用媒体である『早川孝太郎全集ⅩⅡ』p.359では御園の花祭の帰りとなっているが、同場面での撮影とみられるア-27-5の引用・使用媒体『犬歩当棒録』でのキャプションの日付を撮影年月日とした、撮影地域もこれによる。『本山雑記』p227によると御園の花祭へは1月2日昼食後から夕方までの間となっているので御園の花祭の帰りは誤りヵ。 昭和10(1935) 三河田口から和市への途次 写真資料 日本常民文化研究所
7 北設楽郡下津具村和市のヒゴヤ 玉生道経・榎本文治 ・撮影場所、撮影年月日は『本山雑記』p226、渋沢敬三『犬歩当棒録』「旅 譜」の記述により、榎本文治 が中在家花祭に同行した昭和10年1月2日に撮影されたものと推定。本資料に写るヒゴヤは昭和8年1月に撮影された16ミリフィルム「三河地方旅行1&2」03:26に見えるが、その後の経年で本資料撮影時には屋根の一部が破損している。撮影者はアルバム前後の写真から玉生道経か榎本文治と推定される。 昭和10(1935) 北設楽郡下津具村和市 写真資料 日本常民文化研究所
8 北設楽郡本郷町中在家の花祭の鬼面 玉生道経 ・撮影場所、撮影年月日は『本山雑記』p226の記述により、玉生道経が中在家花祭に同行した昭和10年1月2・3日に撮影されたものと推定。本資料に写る鬼面は前年に撮影された16ミリフィルム「花祭り」には見えない。 昭和10(1935) 北設楽郡本郷町中在家 写真資料 日本常民文化研究所
9 船に乗った弁財天像 玉生道経 ・本資料は台紙記載の撮影者、アルバムの中表紙、アルバムのナンバリング番号等から撮影場所、撮影年月日は『本山雑記』p226の記述により、玉生道経が中在家花祭に同行した昭和10年1月2・3日に撮影されたものと推定したが、被写体の詳細は不明、撮影場所は当時、花祭を見学した御園・中在家のどちらかと推定される。ア-27-14と同一被写体と考えられる。 昭和10(1935) 北設楽郡園村御園・本郷町中在家 写真資料 日本常民文化研究所
10 蓮華座に立つ神像 玉生道経 ・本資料は台紙記載の撮影者、アルバムの中表紙、アルバムのナンバリング番号等から撮影場所、撮影年月日は『本山雑記』p226の記述により、玉生道経が中在家花祭に同行した昭和10年1月2・3日に撮影されたものと推定したが、被写体の詳細は不明、撮影場所は当時、花祭を見学した御園・中在家のどちらかと推定される。 昭和10(1935) 北設楽郡園村御園・本郷町中在家 写真資料 日本常民文化研究所
11 御園の花祭の湯釜 玉生道経 ・本資料は釜の作り方から御園の花祭りの湯釜と推定した。撮影年月日は『本山雑記』p226の記述により、玉生道経が中在家花祭に同行した昭和10年1月2日に撮影されたものと推定した。 昭和10(1935) 北設楽郡園村御園 写真資料 日本常民文化研究所
12 花祭の花宿前に集まる人々 玉生道経 ・本資料は台紙記載の撮影者、アルバムの中表紙、アルバムのナンバリング番号等から撮影場所、撮影年月日は『本山雑記』p226の記述により、玉生道経が中在家花祭に同行した昭和10年1月2・3日に撮影されたものと推定したが、被写体の詳細は不明、撮影場所は当時、花祭を見学した御園・中在家のどちらかと推定される。 昭和10(1935) 北設楽郡園村御園・本郷町中在家 写真資料 日本常民文化研究所
13 花祭の舞庭 玉生道経 ・本資料は釜の作り方から中在家の花祭りの湯釜と推定した。撮影年月日は『本山雑記』p226の記述により、榎本文治が中在家花祭に同行した昭和10年1月2・3日であるが、周囲が明るいことから1月3日午前と推定。以上のことから引用・使用媒体媒体では「田口町」とあるがこれは誤りと見られる。 昭和10(1935) 北設楽郡園村御園・本郷町中在家 写真資料 日本常民文化研究所
14 玉生道経   昭和10(1935) 霞ヶ浦 写真資料 日本常民文化研究所
15 玉生道経   昭和10(1935) 霞ヶ浦 写真資料 日本常民文化研究所
16 玉生道経   昭和10(1935) 霞ヶ浦 写真資料 日本常民文化研究所
17 玉生道経   昭和10(1935) 霞ヶ浦 写真資料 日本常民文化研究所
18 玉生道経   昭和10(1935) 霞ヶ浦 写真資料 日本常民文化研究所
19 玉生道経   昭和10(1935) 霞ヶ浦 写真資料 日本常民文化研究所
20 玉生道経   昭和10(1935) 霞ヶ浦 写真資料 日本常民文化研究所

戻る