検索結果一覧

データベース 写真資料
フリーワード
 
  資料名 著者 内容 年代 地域 データベース 所蔵  
1 天秤棒で魚を売るボテカツギ(行商人)と会話する高橋文太郎と早川孝太郎 渋沢敬三・村上清文 ・本資料はナンバリングからアルバム39から抜き出されたものと見られる。アルバム39は全体が調査風景や調査内容、引用・使用媒体から昭和八年五月に行われた澁澤敬三・高橋文太郎ほか2名の山形県米沢から新潟県三面の調査と見られ、撮影者・撮影日・撮影地域など詳細はこれら調査をまとめた高橋文太郎「朝日山麓三面村記」(『山岳』第28年3号)による・高橋文太郎「朝日山麓三面村起」(『山の人達』p62-63では「一行-澁澤敬三氏他三名。」とある。また、本資料には高橋文太郎、早川孝太郎が写っており、渋沢フィルム13「越後三面行」01:18には車中で眠る村上清文の様子が映されており、これらのことから一行は澁澤敬三・高橋文太郎・早川孝太郎・村上清文とした。これにより撮影者は澁澤敬三または同行した村上清文と推定される・高橋文太郎「朝日山麓三面村記」(『山岳』第28年3号)p42に本資料についての記述があり、題名はこれによる 昭和8(1933) 山形県置賜郡小国町栃倉付近 写真資料 日本常民文化研究所
2 山形県西置賜郡小国町町原の通りと手に日の丸を持って飛行機を迎える子ども達 渋沢敬三・高橋文太郎・早川孝太郎・村上清文 ・本資料はナンバリングからアルバム39から抜き出されたものと見られる。アルバム39は全体が調査風景や調査内容、引用・使用媒体から昭和八年五月に行われた澁澤敬三・高橋文太郎ほか2名の山形県米沢から新潟県三面の調査と見られ、撮影者・撮影日・撮影地域など詳細はこれら調査をまとめた高橋文太郎「朝日山麓三面村記」(『山岳』第28年3号)による写1-12-4に高橋文太郎、早川孝太郎が写っており、また、渋沢フィルム13「越後三面行」01:18には車中で眠る村上清文の様子が映されており、これらのことから一行は澁澤敬三・高橋文太郎・早川孝太郎・村上清文とし撮影者もこれによる・高橋文太郎「朝日山麓三面村記」(『山岳』第28年3号)p40に本資料についての記述があり、題名はこれによる 昭和8(1933) 山形県西置賜郡小国町町原 写真資料 日本常民文化研究所
3 山形県置賜郡小国町栃倉の仁科家の民家とその前に集まるアチックの人々 渋沢敬三・高橋文太郎・早川孝太郎・村上清文 ・本資料はナンバリングからアルバム39から抜き出されたものと見られる。アルバム39は全体が調査風景や調査内容、引用・使用媒体から昭和八年五月に行われた澁澤敬三・高橋文太郎ほか2名の山形県米沢から新潟県三面の調査と見られ、撮影者・撮影日・撮影地域など詳細はこれら調査をまとめた高橋文太郎「朝日山麓三面村記」(『山岳』第28年3号)による写1-12-4に高橋文太郎、早川孝太郎が写っており、また、渋沢フィルム13「越後三面行」01:18には車中で眠る村上清文の様子が映されており、これらのことから一行は澁澤敬三・高橋文太郎・早川孝太郎・村上清文とし撮影者もこれによる・高橋文太郎「朝日山麓三面村記」(『山岳』第28年3号)p40-41に本資料についての記述があり、題名はこれによる 昭和8(1933) 山形県置賜郡小国町栃倉付近 写真資料 日本常民文化研究所
4 軒先にある刳られた丸太のようなもの 渋沢敬三 ・写3-3-6の白色無地の封筒に入っていたものヵ・渋沢フィルム整理カードには「朝鮮 昭和8.12.・渋沢先生撮影」とあり・ア-55-4のネガ、因みにデジタル画像では画が反転している 昭和8(1933) 朝鮮 写真資料 日本常民文化研究所
5 納屋のようなものの前に立つ男、犬 渋沢敬三 ・写3-3-6の白色無地の封筒に入っていたものヵ・渋沢フィルム整理カードには「朝鮮 昭和8.12.・渋沢先生撮影」とあり・ア-55-7のネガ、因みにデジタル画像では画が反転している 昭和8(1933) 朝鮮 写真資料 日本常民文化研究所
6 調査団のような人と地元の人々、犬 渋沢敬三 ・写3-3-6の白色無地の封筒に入っていたものヵ・渋沢フィルム整理カードには「朝鮮 昭和8.12.・渋沢先生撮影」とあり・ア-55-3のネガ、因みにデジタル画像では画が反転している 昭和8(1933) 朝鮮 写真資料 日本常民文化研究所
7 道を行く民族衣装を着た人と荷を積んだ牛 渋沢敬三 ・写3-3-6の白色無地の封筒に入っていたものヵ・渋沢フィルム整理カードには「朝鮮 昭和8.12.・渋沢先生撮影」とあり・ア-55-1のネガ、因みにデジタル画像では画が反転している 昭和8(1933) 朝鮮 写真資料 日本常民文化研究所
8 集落内の大きな木の前で写る人、板塀 渋沢敬三 ・写3-3-6の白色無地の封筒に入っていたものヵ・渋沢フィルム整理カードには「朝鮮 昭和8.12.・渋沢先生撮影」とあり・ア-55-5のネガ、因みにデジタル画像では画が反転している 昭和8(1933) 朝鮮 写真資料 日本常民文化研究所
9 小宝島の島民の記念写真  (関連目録番号資料による) 渋沢敬三 ・写3-4-10の白色の「東京都芝区三田綱町十番地 澁澤敬三」と印刷された封筒にはいっていたものヵ・渋沢フィルム整理整理カードには「十島」とあり・本資料は関連目録番号資料のネガフィルム 昭和9(1934) 小宝島 写真資料 日本常民文化研究所
10 小宝島の島民の記念写真  (関連目録番号資料による) 渋沢敬三 ・写3-4-10の白色の「東京都芝区三田綱町十番地 澁澤敬三」と印刷された封筒にはいっていたものヵ・渋沢フィルム整理整理カードには「十島」とあり・本資料は関連目録番号資料のネガフィルム 昭和9(1934) 小宝島 写真資料 日本常民文化研究所
11 小宝島の島民の記念写真  (関連目録番号資料による) 渋沢敬三 ・写3-4-10の白色の「東京都芝区三田綱町十番地 澁澤敬三」と印刷された封筒にはいっていたものヵ・渋沢フィルム整理整理カードには「十島」とあり・本資料は関連目録番号資料のネガフィルム 昭和9(1934) 小宝島 写真資料 日本常民文化研究所
12 小宝島の島民の記念写真  (関連目録番号資料による) 渋沢敬三 ・写3-4-10の白色の「東京都芝区三田綱町十番地 澁澤敬三」と印刷された封筒にはいっていたものヵ・渋沢フィルム整理整理カードには「十島」とあり・本資料は関連目録番号資料のネガフィルム 昭和9(1934) 小宝島 写真資料 日本常民文化研究所
13 竹籤のようなものでできた杓子や刳られた洗い桶のようなもの、白いものが入った鉢、石臼など 渋沢敬三 ・収納されていた封筒見当たらず・渋沢フィルム整理カードには「朝鮮 昭8.12. 渋沢先生撮影」とあり 昭和8(1933) 朝鮮 写真資料 日本常民文化研究所
14 竹籤のようなものでできた杓子や刳られた洗い桶のようなものなど 渋沢敬三 ・収納されていた封筒見当たらず・渋沢フィルム整理カードには「朝鮮 昭8.12. 渋沢先生撮影」とあり 昭和8(1933) 朝鮮 写真資料 日本常民文化研究所
15 籾すり臼(引用・使用媒体参照) 渋沢敬三 ・収納されていた封筒見当たらず・渋沢フィルム整理カードには「朝鮮 昭8.12. 渋沢先生撮影」とあり 昭和8(1933) 朝鮮・温陽郊外 写真資料 日本常民文化研究所
16 木製の鳥を竿先に掲ぐところ(引用・使用媒体参照) 渋沢敬三 ・収納されていた封筒見当たらず・渋沢フィルム整理カードには「朝鮮 昭8.12. 渋沢先生撮影」とあり 昭和8(1933) 朝鮮・温陽郊外 写真資料 日本常民文化研究所
17 天下将軍(引用・使用媒体参照) 渋沢敬三 ・収納されていた封筒見当たらず・渋沢フィルム整理カードには「朝鮮 昭8.12. 渋沢先生撮影」とあり『犬歩当棒録』「旅譜」p.433では当該写真の半分を切って使っている 昭和8(1933) 朝鮮・温陽郊外 写真資料 日本常民文化研究所
18 清水屋の土間からあがる上條嘉門治 渋沢敬三、菊池雙二郎氏 ・【封筒1】河1-33-3の封筒に入っていた・高橋文太郎『山の人達』挿絵一の説明によると「明治四十五年夏、上高地清水屋にて、渋沢敬三子爵と同行の友人が撮影されたもの」とあり・『犬歩当棒録』p.353「清水屋に立ち寄りし嘉門爺(明治45年7月、菊池雙二郎氏作?)」とあり 明治45(1912) 上高地清水屋 写真資料 日本常民文化研究所
19 小宝島の島民の記念写真  渋沢敬三 本資料は関連目録番号資料の紙焼き・板井氏現地調査(2011年7月29日付メールにて)により名前が判明したア-11-80、81に写っている「岩下ウシ、岩下トヨカメ」らが確認できる 昭和9(1934) 小宝島 写真資料 日本常民文化研究所
20 小宝島の島民の記念写真  渋沢敬三 ・本資料は関連目録番号資料の紙焼き・板井氏現地調査(2011年7月29日付メールにて)により被写体である人物の名前は「前村与一(十島丸船長・故人)、安永幸内(コウナイ・現三島村出身・三島村元村長・故人)」と判明した 昭和9(1934) 小宝島 写真資料 日本常民文化研究所

戻る