検索結果一覧

データベース 写真資料
フリーワード
 
  資料名 著者 内容 年代 地域 データベース 所蔵  
1 秋田県仙北郡上檜木内村字堀内のオイヌ社 武藤鉄城・高橋文太郎 ・写真が貼られた用紙(No.はこの用紙に振られている、王冠に「S」と「M」を組み合わせた絵の透かしあり、168×136)が台紙に貼付されている・本資料はナンバリングからアルバム50から抜き出されたものと見られる。アルバム50は全体が調査風景や調査内容、引用・使用媒体から昭和十一年三月に行われた武藤鉄城と高橋文太郎の調査と考えられ、撮影者・撮影日など詳細はこれら調査をまとめた『秋田マタギ資料』によった(尚、常民文化研究所が所蔵する『秋田マタギ資料』は写真貼付部分が落丁しているので(詳細不明)、典拠は三一書房『日本常民生活資料叢書』第10巻pp..761-888によった) 昭和11(1936) 仙北郡上檜木内字堀内 写真資料 日本常民文化研究所
2 秋田県仙北郡檜木内村字堀内の狩猟神 武藤鉄城・高橋文太郎 ・写真が貼られた用紙(No.はこの用紙に振られている、王冠に「S」と「M」を組み合わせた絵の透かしあり、168×136)が台紙に貼付されている・本資料はナンバリングからアルバム50から抜き出されたものと見られる。アルバム50は全体が調査風景や調査内容、引用・使用媒体から昭和十一年三月に行われた武藤鉄城と高橋文太郎の調査と考えられ、撮影者・撮影日など詳細はこれら調査をまとめた『秋田マタギ資料』によった(尚、常民文化研究所が所蔵する『秋田マタギ資料』は写真貼付部分が落丁しているので(詳細不明)、典拠は三一書房『日本常民生活資料叢書』第10巻pp..761-888によった) 昭和11(1936) 仙北郡上檜木内字堀内 写真資料 日本常民文化研究所
3 秋田県角館町のヤマゾリ古型 武藤鉄城・高橋文太郎 ・台紙は二重になっており下の台紙は大きく、上の台紙は罫線用紙の台紙で上の台紙に写真が貼られている・「1867 14、3 ソリ」の記載は一番下の台紙、それ以降の記載は上の罫線用紙台紙に記載・本資料はナンバリングからアルバム50から抜き出されたものと考えられる、アルバム50は全体が調査風景や調査内容、引用・使用媒体から昭和十一年三月に行われた武藤鉄城と高橋文太郎の調査と考えられ、撮影者・撮影日など詳細はこれら調査をまとめた『秋田マタギ資料』によった(尚、常民文化研究所が所蔵する『秋田マタギ資料』は写真貼付部分が落丁しているので(詳細不明)、典拠は三一書房『日本常民生活資料叢書』第10巻pp..761-888によった) 昭和11(1936) 角館町 写真資料 日本常民文化研究所
4 茣蓙製帽子のウマノツラを被り橇で土を運ぶ女性 武藤鉄城・高橋文太郎 ・写真が貼られた用紙(No.はこの用紙に振られている、王冠に「S」と「M」を組み合わせた絵の透かしあり、168×136)が台紙に貼付されている・このアルバム全体が調査風景や調査内容、引用・使用媒体から昭和十一年三月に行われた武藤鉄城と高橋文太郎の調査と考えられ、撮影者・撮影日など詳細はこれら調査をまとめた『秋田マタギ資料』によった(尚、常民文化研究所が所蔵する『秋田マタギ資料』は写真貼付部分が落丁しているので(詳細不明)、典拠は三一書房『日本常民生活資料叢書』第10巻pp..761-888によった) 昭和11(1936) 秋田県角館町 写真資料 日本常民文化研究所
5 雪上でハナゾリ・テングッパナを着け歩く男子と女子 武藤鉄城・高橋文太郎 ・写真が貼られた用紙(No.はこの用紙に振られている、王冠に「S」と「M」を組み合わせた絵の透かしあり、168×137、セロテープが貼られた跡あり)が台紙に貼付されている・このアルバム全体が調査風景や調査内容、引用・使用媒体から昭和十一年三月に行われた武藤鉄城と高橋文太郎の調査と考えられ、撮影者・撮影日など詳細はこれら調査をまとめた『秋田マタギ資料』によった(尚、常民文化研究所が所蔵する『秋田マタギ資料』は写真貼付部分が落丁しているので(詳細不明)、典拠は三一書房『日本常民生活資料叢書』第10巻pp..761-888によった) 昭和11(1936) 仙北郡檜木内村下檜木内字松葉 写真資料 日本常民文化研究所
6 雪上でハナゾリ・テングッパナを着け歩く男子二人 武藤鉄城・高橋文太郎 ・写真が貼られた用紙(「P.3ニ仝ジ」はこの用紙に記載されている、王冠に「S」と「M」を組み合わせた絵の透かしあり、168×137)が台紙に貼付されている・撮影風景や台紙記載「P.3ニ仝ジ」ということからア-50-4と同撮影地とした・このアルバム全体が調査風景や調査内容、引用・使用媒体から昭和十一年三月に行われた武藤鉄城と高橋文太郎の調査と考えられ、撮影者・撮影日など詳細はこれら調査をまとめた『秋田マタギ資料』によった(尚、常民文化研究所が所蔵する『秋田マタギ資料』は写真貼付部分が落丁しているので(詳細不明)、典拠は三一書房『日本常民生活資料叢書』第10巻pp..761-888によった) 昭和11(1936) 仙北郡檜木内村下檜木内字松葉 写真資料 日本常民文化研究所
7 馬橇に乗る子供達 武藤鉄城 ・写真が貼られた用紙(「P.3ニ仝ジ」はこの用紙に振られている、王冠に「S」と「M」を組み合わせた絵の透かしあり、168×137)が台紙に貼付されている、またガムテープの貼られた跡があり・台紙記載に「(武藤サン)」とあり撮影者はこれによる・このアルバム全体が調査風景や調査内容、引用・使用媒体から昭和十一年三月に行われた武藤鉄城と高橋文太郎の調査と考えられ、撮影者・撮影日など詳細はこれら調査をまとめた『秋田マタギ資料』によった(尚、常民文化研究所が所蔵する『秋田マタギ資料』は写真貼付部分が落丁しているので(詳細不明)、典拠は三一書房『日本常民生活資料叢書』第10巻pp..761-888によった) 昭和11(1936) 仙北郡檜木内村上檜木内松葉 写真資料 日本常民文化研究所
8 ウマノツラを被り炭焼き運搬用の橇を背負う二人の女性 武藤鉄城・高橋文太郎 ・写真が貼られた用紙(No.はこの用紙に振られている、王冠に「S」と「M」を組み合わせた絵の透かしあり、168×137、セロテープが貼られた跡あり)が台紙に貼付されている・このアルバム全体が調査風景や調査内容、引用・使用媒体から昭和十一年三月に行われた武藤鉄城と高橋文太郎の調査と考えられ、撮影者・撮影日など詳細はこれら調査をまとめた『秋田マタギ資料』によった(尚、常民文化研究所が所蔵する『秋田マタギ資料』は写真貼付部分が落丁しているので(詳細不明)、典拠は三一書房『日本常民生活資料叢書』第10巻pp..761-888によった) 昭和11(1936) 仙北郡檜木内村上檜木内大覚野峠 写真資料 日本常民文化研究所
9 枝に掛けた占いのカギ(備考参照) 武藤鉄城・高橋文太郎 ・写真が貼られた用紙(No.はこの用紙に振られている、王冠に「S」と「M」を組み合わせた絵の透かしあり、168×136)が台紙に貼付されている・このアルバム全体が調査風景や調査内容、引用・使用媒体から昭和十一年三月に行われた武藤鉄城と高橋文太郎の調査と考えられ、撮影者・撮影日など詳細はこれら調査をまとめた『秋田マタギ資料』によった(尚、常民文化研究所が所蔵する『秋田マタギ資料』は写真貼付部分が落丁しているので(詳細不明)、典拠は三一書房『日本常民生活資料叢書』第10巻pp..761-888によった)、また同書p.796に「カギ(又のある枝)を投げかけて自分の思ふことが叶ふか否かを占ふ」とありこれを題名にした 昭和11(1936) 仙北郡檜木内村大覚野峠定ノ澤 写真資料 日本常民文化研究所
10 炭焼きの出かけ小屋前にシャベルをもって立つ男性 武藤鉄城・高橋文太郎 ・写真が貼られた用紙(No.はこの用紙に振られている、王冠に「S」と「M」を組み合わせた絵の透かしあり、168×136)が台紙に貼付されている・このアルバム全体が調査風景や調査内容、引用・使用媒体から昭和十一年三月に行われた武藤鉄城と高橋文太郎の調査と考えられ、撮影者・撮影日など詳細はこれら調査をまとめた『秋田マタギ資料』によった(尚、常民文化研究所が所蔵する『秋田マタギ資料』は写真貼付部分が落丁しているので(詳細不明)、典拠は三一書房『日本常民生活資料叢書』第10巻pp..761-888によった)、また同書p.810に「大覚野峠近くの定ノ澤には現在三戸の炭焼き小屋があり、炭焼きの者は当村より出かけ小屋に籠つてゐる。」とありこれを題名にした 昭和11(1936) 仙北郡檜木内村大覚野峠 写真資料 日本常民文化研究所
11 炭焼きのサゲ切り 武藤鉄城・高橋文太郎 ・写真が貼られた用紙(No.はこの用紙に振られている、王冠に「S」と「M」を組み合わせた絵の透かしあり、168×136)が台紙に貼付されている・このアルバム全体が調査風景や調査内容、引用・使用媒体から昭和十一年三月に行われた武藤鉄城と高橋文太郎の調査と考えられ、撮影者・撮影日など詳細はこれら調査をまとめた『秋田マタギ資料』によった(尚、常民文化研究所が所蔵する『秋田マタギ資料』は写真貼付部分が落丁しているので(詳細不明)、典拠は三一書房『日本常民生活資料叢書』第10巻pp..761-888によった) 昭和11(1936) 仙北郡檜木内村大覚野峠 写真資料 日本常民文化研究所
12 炭焼きの出かけ小屋 武藤鉄城・高橋文太郎 ・写真が貼られた用紙(No.はこの用紙に振られている、王冠に「S」と「M」を組み合わせた絵の透かしあり、168×136)が台紙に貼付されている・このアルバム全体が調査風景や調査内容、引用・使用媒体から昭和十一年三月に行われた武藤鉄城と高橋文太郎の調査と考えられ、撮影者・撮影日など詳細はこれら調査をまとめた『秋田マタギ資料』によった(尚、常民文化研究所が所蔵する『秋田マタギ資料』は写真貼付部分が落丁しているので(詳細不明)、典拠は三一書房『日本常民生活資料叢書』第10巻pp..761-888によった)、また同書p.810に「大覚野峠近くの定ノ澤には現在三戸の炭焼き小屋があり、炭焼きの者は当村より出かけ小屋に籠つてゐる。」とありこれを題名にした 昭和11(1936) 仙北郡檜木内村大覚野峠 写真資料 日本常民文化研究所
13 北秋田郡荒瀬村根ッ子集落の遠景 武藤鉄城・高橋文太郎 ・写真が貼られた用紙(No.はこの用紙に振られている、王冠に「S」と「M」を組み合わせた絵の透かしあり、168×136)が台紙に貼付されている・このアルバム全体が調査風景や調査内容、引用・使用媒体から昭和十一年三月に行われた武藤鉄城と高橋文太郎の調査と考えられ、撮影者・撮影日など詳細はこれら調査をまとめた『秋田マタギ資料』によった(尚、常民文化研究所が所蔵する『秋田マタギ資料』は写真貼付部分が落丁しているので(詳細不明)、典拠は三一書房『日本常民生活資料叢書』第10巻pp..761-888によった) 昭和11(1936) 北秋田郡荒瀬村根子 写真資料 日本常民文化研究所
14 民家の壁に表された山田家の家紋 武藤鉄城・高橋文太郎 ・写真が貼られた用紙(No.はこの用紙に振られている、王冠に「S」と「M」を組み合わせた絵の透かしあり、168×136)が台紙に貼付されている・このアルバム全体が調査風景や調査内容、引用・使用媒体から昭和十一年三月に行われた武藤鉄城と高橋文太郎の調査と考えられ、撮影者・撮影日など詳細はこれら調査をまとめた『秋田マタギ資料』によった(尚、常民文化研究所が所蔵する『秋田マタギ資料』は写真貼付部分が落丁しているので(詳細不明)、典拠は三一書房『日本常民生活資料叢書』第10巻pp..761-888によった) 昭和11(1936) 荒瀬村根子 写真資料 日本常民文化研究所
15 綱に繋がれた猟犬に使う犬(子犬)二匹 武藤鉄城・高橋文太郎 ・写真が貼られた用紙(No.はこの用紙に振られている、王冠に「S」と「M」を組み合わせた絵の透かしあり、168×136)が台紙に貼付されている・このアルバム全体が調査風景や調査内容、引用・使用媒体から昭和十一年三月に行われた武藤鉄城と高橋文太郎の調査と考えられ、撮影者・撮影日など詳細はこれら調査をまとめた『秋田マタギ資料』によった(尚、常民文化研究所が所蔵する『秋田マタギ資料』は写真貼付部分が落丁しているので(詳細不明)、典拠は三一書房『日本常民生活資料叢書』第10巻pp..761-888によった)・台紙には「秋田犬」とあるが他の犬種だと考えられる 昭和11(1936) 荒瀬村根子 写真資料 日本常民文化研究所
16 炭焼きの炭を運ぶ橇を引く女性二人 武藤鉄城・高橋文太郎 ・写真が貼られた用紙(No.はこの用紙に振られている、王冠に「S」と「M」を組み合わせた絵の透かしあり、168×136)が台紙に貼付されている・このアルバム全体が調査風景や調査内容、引用・使用媒体から昭和十一年三月に行われた武藤鉄城と高橋文太郎の調査と考えられ、撮影者・撮影日など詳細はこれら調査をまとめた『秋田マタギ資料』によった(尚、常民文化研究所が所蔵する『秋田マタギ資料』は写真貼付部分が落丁しているので(詳細不明)、典拠は三一書房『日本常民生活資料叢書』第10巻pp..761-888によった) 昭和11(1936) 荒瀬村根子 写真資料 日本常民文化研究所
17 佐藤富松家の墓 武藤鉄城・高橋文太郎 ・写真が貼られた用紙(No.はこの用紙に振られている、王冠に「S」と「M」を組み合わせた絵の透かしあり、168×136)が台紙に貼付されている・このアルバム全体が調査風景や調査内容、引用・使用媒体から昭和十一年三月に行われた武藤鉄城と高橋文太郎の調査と考えられ、撮影者・撮影日など詳細はこれら調査をまとめた『秋田マタギ資料』によった(尚、常民文化研究所が所蔵する『秋田マタギ資料』は写真貼付部分が落丁しているので(詳細不明)、典拠は三一書房『日本常民生活資料叢書』第10巻pp..761-888によった) 昭和11(1936) 荒瀬村根子 写真資料 日本常民文化研究所
18 野辺送りの葬列 武藤鉄城・高橋文太郎 ・写真が貼られた用紙(No.はこの用紙に振られている、王冠に「S」と「M」を組み合わせた絵の透かしあり、168×136)が台紙に貼付されている・このアルバム全体が調査風景や調査内容、引用・使用媒体から昭和十一年三月に行われた武藤鉄城と高橋文太郎の調査と考えられ、撮影者・撮影日など詳細はこれら調査をまとめた『秋田マタギ資料』によった(尚、常民文化研究所が所蔵する『秋田マタギ資料』は写真貼付部分が落丁しているので(詳細不明)、典拠は三一書房『日本常民生活資料叢書』第10巻pp..761-888によった) 昭和11(1936) 荒瀬村根子 写真資料 日本常民文化研究所
19 野辺送りの葬列 武藤鉄城・高橋文太郎 ・写真が貼られた用紙(No.はこの用紙に振られている、王冠に「S」と「M」を組み合わせた絵の透かしあり、168×136)が台紙に貼付されている・このアルバム全体が調査風景や調査内容、引用・使用媒体から昭和十一年三月に行われた武藤鉄城と高橋文太郎の調査と考えられ、撮影者・撮影日など詳細はこれら調査をまとめた『秋田マタギ資料』によった(尚、常民文化研究所が所蔵する『秋田マタギ資料』は写真貼付部分が落丁しているので(詳細不明)、典拠は三一書房『日本常民生活資料叢書』第10巻pp..761-888によった) 昭和11(1936) 荒瀬村根子 写真資料 日本常民文化研究所
20 佐藤正夫氏と武藤鉄城氏 武藤鉄城・高橋文太郎 ・写真が貼られた用紙(No.はこの用紙に振られている、王冠に「S」と「M」を組み合わせた絵の透かしあり、168×136)が台紙に貼付されている・このアルバム全体が調査風景や調査内容、引用・使用媒体から昭和十一年三月に行われた武藤鉄城と高橋文太郎の調査と考えられ、撮影者・撮影日など詳細はこれら調査をまとめた『秋田マタギ資料』によった(尚、常民文化研究所が所蔵する『秋田マタギ資料』は写真貼付部分が落丁しているので(詳細不明)、典拠は三一書房『日本常民生活資料叢書』第10巻pp..761-888によった)。 昭和11(1936) 荒瀬村根子 写真資料 日本常民文化研究所

戻る