検索結果一覧

データベース 写真資料
フリーワード
 
  資料名 著者 内容 年代 地域 データベース 所蔵  
1 天秤棒で魚を売るボテカツギ(行商人)と会話する高橋文太郎と早川孝太郎 渋沢敬三・村上清文 ・本資料はナンバリングからアルバム39から抜き出されたものと見られる。アルバム39は全体が調査風景や調査内容、引用・使用媒体から昭和八年五月に行われた澁澤敬三・高橋文太郎ほか2名の山形県米沢から新潟県三面の調査と見られ、撮影者・撮影日・撮影地域など詳細はこれら調査をまとめた高橋文太郎「朝日山麓三面村記」(『山岳』第28年3号)による・高橋文太郎「朝日山麓三面村起」(『山の人達』p62-63では「一行-澁澤敬三氏他三名。」とある。また、本資料には高橋文太郎、早川孝太郎が写っており、渋沢フィルム13「越後三面行」01:18には車中で眠る村上清文の様子が映されており、これらのことから一行は澁澤敬三・高橋文太郎・早川孝太郎・村上清文とした。これにより撮影者は澁澤敬三または同行した村上清文と推定される・高橋文太郎「朝日山麓三面村記」(『山岳』第28年3号)p42に本資料についての記述があり、題名はこれによる 昭和8(1933) 山形県置賜郡小国町栃倉付近 写真資料 日本常民文化研究所
2 山形県西置賜郡小国町町原の通りと手に日の丸を持って飛行機を迎える子ども達 渋沢敬三・高橋文太郎・早川孝太郎・村上清文 ・本資料はナンバリングからアルバム39から抜き出されたものと見られる。アルバム39は全体が調査風景や調査内容、引用・使用媒体から昭和八年五月に行われた澁澤敬三・高橋文太郎ほか2名の山形県米沢から新潟県三面の調査と見られ、撮影者・撮影日・撮影地域など詳細はこれら調査をまとめた高橋文太郎「朝日山麓三面村記」(『山岳』第28年3号)による写1-12-4に高橋文太郎、早川孝太郎が写っており、また、渋沢フィルム13「越後三面行」01:18には車中で眠る村上清文の様子が映されており、これらのことから一行は澁澤敬三・高橋文太郎・早川孝太郎・村上清文とし撮影者もこれによる・高橋文太郎「朝日山麓三面村記」(『山岳』第28年3号)p40に本資料についての記述があり、題名はこれによる 昭和8(1933) 山形県西置賜郡小国町町原 写真資料 日本常民文化研究所
3 山形県置賜郡小国町栃倉の仁科家の民家とその前に集まるアチックの人々 渋沢敬三・高橋文太郎・早川孝太郎・村上清文 ・本資料はナンバリングからアルバム39から抜き出されたものと見られる。アルバム39は全体が調査風景や調査内容、引用・使用媒体から昭和八年五月に行われた澁澤敬三・高橋文太郎ほか2名の山形県米沢から新潟県三面の調査と見られ、撮影者・撮影日・撮影地域など詳細はこれら調査をまとめた高橋文太郎「朝日山麓三面村記」(『山岳』第28年3号)による写1-12-4に高橋文太郎、早川孝太郎が写っており、また、渋沢フィルム13「越後三面行」01:18には車中で眠る村上清文の様子が映されており、これらのことから一行は澁澤敬三・高橋文太郎・早川孝太郎・村上清文とし撮影者もこれによる・高橋文太郎「朝日山麓三面村記」(『山岳』第28年3号)p40-41に本資料についての記述があり、題名はこれによる 昭和8(1933) 山形県置賜郡小国町栃倉付近 写真資料 日本常民文化研究所
4 油締機で油を絞る様子 村上清文 ・撮影地は写1-12内で形式や写真類から推定による・木製の枠の上部を縄で固定し斜めの位置を保たせている。木枠の中間部に角材が通され、その下に円形の部位があり、ここから液体が碗に注がれている。被写体の2人は中間部の角材上部にあるカスガイを打ち込む事により、圧力をかけていると考えられる・本資料は、ア-37-4と関連しており、『渋沢敬三 上』「村上清文氏談話」p.523に村上清文が三面村で宿泊していた家の名前が「高橋」との記述があるため、宿泊している際に撮影されたと考えられる   新潟県三面村三面 写真資料 日本常民文化研究所
5 鴨居に飾られたダンゴ飾り 村上清文 ・収納されていた封筒見当たらず・渋沢フィルム整理カードには「場所記載なし」とあり・ア-41-4のネガフィルム。フィルム上部に糊づけ痕の様なヨゴレあり・本資料は鴨居の上に飾られたダンゴ飾り。6個の団子とマエダマが飾られている。鴨居には注連縄がされている。「ダンゴ飾り」は『山に生かされた日々』より参照した・ダンゴ飾りに掛けられている飾り物の名称は『越後三面村布部郷土誌』pp.52-53によると「此の日まで松を飾つて置く家では其れを外し、團子を木に刺す。其の木は大正月の二日に伐つて來たものである。(中略)此等の團子をさした木をクヮンダエとも言ふ。クヮンダエにはアワボー(藁に餅を巻きつけたもの)、マエダマ(ノエゴ―藁のミゴ―に小さな餅切れを點々と付けたもの)、ガラガラヘンベ(大黒様や鯛や、鶏や、打出の小槌等の形をした煎餅)や美しい布切れで作つた袋などを下げる。」とある・三面における一月の行事を写真撮影できる可能性があるのが昭和10年の村上清文による三面調査であるため撮影者や撮影年月日はこれによった 昭和10(1935) 三面村 写真資料 日本常民文化研究所
6 小宝島の民家の中庭 (関連目録番号資料による) 村上清文 ・写3-4-10の白色の「東京都芝区三田綱町十番地 澁澤敬三」と印刷された封筒にはいっていたものヵ・渋沢フィルム整理整理カードには「十島」とあり・本資料は関連目録番号資料のネガフィルム 昭和9(1934) 小宝島 写真資料 日本常民文化研究所
7 平島の水田 (関連目録番号資料による) 村上清文 ・写3-4-10の白色の「東京都芝区三田綱町十番地 澁澤敬三」と印刷された封筒にはいっていたものヵ・渋沢フィルム整理整理カードには「十島」とあるが、昭和9年の薩本資料は関連目録番号資料のネガフィルム 昭和9(1934) 平島 写真資料 日本常民文化研究所
8 小宝島の墓地 (関連目録番号資料による) 村上清文 ・写3-4-10の白色の「東京都芝区三田綱町十番地 澁澤敬三」と印刷された封筒にはいっていたものヵ・渋沢フィルム整理整理カードには「十島」とあり・小宝島の墓地については、桜田勝徳著作集7p377に「墓地」として、『早川孝太郎著作集』Ⅸp212に関連の記述がある。本資料は関連目録番号資料のネガフィルム。 昭和9(1934) 小宝島 写真資料 日本常民文化研究所
9 中之島の小学校にて (関連目録番号資料による) 村上清文 ・写3-4-10の白色の「東京都芝区三田綱町十番地 澁澤敬三」と印刷された封筒にはいっていたものヵ・渋沢フィルム整理整理カードには「十島」とあり・本資料は関連目録番号資料のネガフィルム 昭和9(1934) 中之島 写真資料 日本常民文化研究所
10 中之島港付近の集落と丸木舟 (関連目録番号資料による) 村上清文 ・写3-4-10の白色の「東京都芝区三田綱町十番地 澁澤敬三」と印刷された封筒にはいっていたものヵ・渋沢フィルム整理整理カードには「十島」とあり・中之島港については早川孝太郎著作集ⅩⅡp402「口之島午前9時半発。中之島港11時着」と記述、本資料と同場面の写真の掲載がある。・中之島の丸木舟については桜田勝徳著作集7p359に「船」として関連の記述がある。本資料は関連目録番号資料のネガフィルム 昭和9(1934) 中之島 写真資料 日本常民文化研究所
11 荷を付けた馬の引き綱を持つ男の子 高橋文太郎、大西伍一、木川半之丞、村上清文 ・写3-7-12の白色無地の封筒に入っていたものヵ、ネガ・渋沢フィルム整理整理カードには「秋田県南秋田郷脇本村大倉付近」とあり・撮影日は『男鹿寒風山農民手記』p.1大西伍一「序に代へて」(昭和十年一月八日)の「その上この原稿の挿絵の撮影かたがた君の村を見たいとのことで、澁澤子爵石黒忠篤氏其の他民俗研究者の一行八名が君の家を訪れたのは去年の九月のことでした。」とあり、これによった・写3-7はア-47のネガでありア-47では『男鹿寒風山農民手記』関係の写真で纏められている。そのため撮影地は脇本村、撮影者は『男鹿寒風山農民手記』に掲載する写真撮影等で訪れた研究者(高橋文太郎、大西伍一、木川半之丞、村上清文。『男鹿寒風山農民手記』写真目次掲載より)とした 昭和9(1935) 寒風山麓脇本村 写真資料 日本常民文化研究所
12 筵機で筵を織る吉田三郎の母 高橋文太郎、大西伍一、木川半之丞、村上清文 ・写3-7-12の白色無地の封筒に入っていたものヵ、ネガ・渋沢フィルム整理整理カードには「秋田県南秋田郷脇本村大倉付近」とあり・撮影日は『男鹿寒風山農民手記』p.1大西伍一「序に代へて」(昭和十年一月八日)の「その上この原稿の挿絵の撮影かたがた君の村を見たいとのことで、澁澤子爵石黒忠篤氏其の他民俗研究者の一行八名が君の家を訪れたのは去年の九月のことでした。」とあり、これによった・写3-7はア-47のネガでありア-47では『男鹿寒風山農民手記』関係の写真で纏められている。そのため撮影地は脇本村、撮影者は『男鹿寒風山農民手記』に掲載する写真撮影等で訪れた研究者(高橋文太郎、大西伍一、木川半之丞、村上清文。『男鹿寒風山農民手記』写真目次掲載より)とした・当該資料のネガの端に「ムシロオリ 吉田三郎君母君」(黒ペン)とあり 昭和9(1935) 寒風山麓脇本村吉田三郎本家 写真資料 日本常民文化研究所
13 手に鎌を持ち草刈りに行く際の格好をする女性(吉田三郎兄の妻) 高橋文太郎、大西伍一、木川半之丞、村上清文 ・写3-7-12の白色無地の封筒に入っていたものヵ、ネガ・渋沢フィルム整理整理カードには「秋田県南秋田郷脇本村大倉付近」とあり・撮影日は『男鹿寒風山農民手記』p.1大西伍一「序に代へて」(昭和十年一月八日)の「その上この原稿の挿絵の撮影かたがた君の村を見たいとのことで、澁澤子爵石黒忠篤氏其の他民俗研究者の一行八名が君の家を訪れたのは去年の九月のことでした。」とあり、これによった・写3-7はア-47のネガでありア-47では『男鹿寒風山農民手記』関係の写真で纏められている。そのため撮影地は脇本村、撮影者は『男鹿寒風山農民手記』に掲載する写真撮影等で訪れた研究者(高橋文太郎、大西伍一、木川半之丞、村上清文。『男鹿寒風山農民手記』写真目次掲載より)とした・背景に写る家屋がア-47-9と同じ小屋と判断しで撮影地は脇本村吉田三郎本家とした・当該資料のネガの端に「草刈りに 脇本村」(黒ペン)とあり、撮影地、題名はこれによった 昭和9(1934) 寒風山麓脇本村 写真資料 日本常民文化研究所
14 脇本村の道中の井戸と子供たち 高橋文太郎、大西伍一、木川半之丞、村上清文 ・写3-7-12の白色無地の封筒に入っていたものヵ、ネガ・渋沢フィルム整理整理カードには「秋田県南秋田郷脇本村大倉付近」とあり・撮影日は『男鹿寒風山農民手記』p.1大西伍一「序に代へて」(昭和十年一月八日)の「その上この原稿の挿絵の撮影かたがた君の村を見たいとのことで、澁澤子爵石黒忠篤氏其の他民俗研究者の一行八名が君の家を訪れたのは去年の九月のことでした。」とあり、これによった・写3-7はア-47のネガでありア-47では『男鹿寒風山農民手記』関係の写真で纏められている。そのため撮影地は脇本村、撮影者は『男鹿寒風山農民手記』に掲載する写真撮影等で訪れた研究者(高橋文太郎、大西伍一、木川半之丞、村上清文。『男鹿寒風山農民手記』写真目次掲載より)とした・当該資料のネガの端に「脇本村の道中の井戸」(黒ペン)とあり、撮影地はこれによった 昭和9(1935) 寒風山麓脇本村 写真資料 日本常民文化研究所
15 魚を売る行商の女性二人(全身、正面) 高橋文太郎、大西伍一、木川半之丞、村上清文 ・写3-7-12の白色無地の封筒に入っていたものヵ、ネガ・渋沢フィルム整理整理カードには「秋田県南秋田郷脇本村大倉付近」とあり・撮影日は『男鹿寒風山農民手記』p.1大西伍一「序に代へて」(昭和十年一月八日)の「その上この原稿の挿絵の撮影かたがた君の村を見たいとのことで、澁澤子爵石黒忠篤氏其の他民俗研究者の一行八名が君の家を訪れたのは去年の九月のことでした。」とあり、これによった・写3-7はア-47のネガでありア-47では『男鹿寒風山農民手記』関係の写真で纏められている。そのため撮影地は脇本村、撮影者は『男鹿寒風山農民手記』に掲載する写真撮影等で訪れた研究者(高橋文太郎、大西伍一、木川半之丞、村上清文。『男鹿寒風山農民手記』写真目次掲載より)とした・当該資料のネガの端に「サカナ小売行商女 脇本村」(黒ペン)とあり、題名、撮影地はこれによった 昭和9(1934) 寒風山麓脇本村 写真資料 日本常民文化研究所
16 男鹿のナマハゲ 高橋文太郎、大西伍一、木川半之丞、村上清文 ・写3-7-12の白色無地の封筒に入っていたものヵ、ネガ・渋沢フィルム整理整理カードには「秋田県南秋田郷脇本村大倉付近」とあり・撮影日は『男鹿寒風山農民手記』p.1大西伍一「序に代へて」(昭和十年一月八日)の「その上この原稿の挿絵の撮影かたがた君の村を見たいとのことで、澁澤子爵石黒忠篤氏其の他民俗研究者の一行八名が君の家を訪れたのは去年の九月のことでした。」とあり、これによった・写3-7はア-47のネガでありア-47では『男鹿寒風山農民手記』関係の写真で纏められている。そのため撮影地は脇本村、撮影者は『男鹿寒風山農民手記』に掲載する写真撮影等で訪れた研究者(高橋文太郎、大西伍一、木川半之丞、村上清文。『男鹿寒風山農民手記』写真目次掲載より)とした・当該資料のネガの端に「ナマハゲ」(黒ペン)とあり 昭和9(1934) 寒風山麓脇本村 写真資料 日本常民文化研究所
17 板壁の様なところにかけられた目玉餅 高橋文太郎、大西伍一、木川半之丞、村上清文 ・写3-7-12の白色無地の封筒に入っていたものヵ、ネガ・渋沢フィルム整理整理カードには「秋田県南秋田郷脇本村大倉付近」とあり・撮影日は『男鹿寒風山農民手記』p.1大西伍一「序に代へて」(昭和十年一月八日)の「その上この原稿の挿絵の撮影かたがた君の村を見たいとのことで、澁澤子爵石黒忠篤氏其の他民俗研究者の一行八名が君の家を訪れたのは去年の九月のことでした。」とあり、これによった・写3-7はア-47のネガでありア-47では『男鹿寒風山農民手記』関係の写真で纏められている。そのため撮影地は脇本村、撮影者は『男鹿寒風山農民手記』に掲載する写真撮影等で訪れた研究者(高橋文太郎、大西伍一、木川半之丞、村上清文。『男鹿寒風山農民手記』写真目次掲載より)とした・「目玉餅」とは『男鹿寒風山農民手記』p.42に「目玉餅。これも人々が最初苗代で仕事した時たべる餅です。十二ヶ月ある年は十二本の藁に、十三ヶ月ある年は十三本の藁にそれぞれ餅をつけます。同じのを二つ作ります。」とあり、また同書p.155に「正月十一日は、ナマハゲの面を作ったり、修繕したりする外に、若木迎へと申して、小正月に使用する、生柴、?ノ木、門松、柳目玉を作る柳、等々を伐って来る日です。」とあり 昭和9(1934) 寒風山麓脇本村 写真資料 日本常民文化研究所
18 多くの草ぶき屋根の家屋(小屋)と砂泥状の土地、脇本村の海岸 高橋文太郎、大西伍一、木川半之丞、村上清文 ・写3-7-12の白色無地の封筒に入っていたものヵ、ネガ・渋沢フィルム整理整理カードには「秋田県南秋田郷脇本村大倉付近」とあり・撮影日は『男鹿寒風山農民手記』p.1大西伍一「序に代へて」(昭和十年一月八日)の「その上この原稿の挿絵の撮影かたがた君の村を見たいとのことで、澁澤子爵石黒忠篤氏其の他民俗研究者の一行八名が君の家を訪れたのは去年の九月のことでした。」とあり、これによった・写3-7はア-47のネガでありア-47では『男鹿寒風山農民手記』関係の写真で纏められている。そのため撮影地は脇本村、撮影者は『男鹿寒風山農民手記』に掲載する写真撮影等で訪れた研究者(高橋文太郎、大西伍一、木川半之丞、村上清文。『男鹿寒風山農民手記』写真目次掲載より)とした・当該資料のネガの端に「脇本村海岸」(黒ペン)とあり、撮影地はこれによった 昭和9(1934) 寒風山麓脇本村海岸 写真資料 日本常民文化研究所
19 馬に荷をつけ跨る魚売りと道脇にいる吉田三郎 高橋文太郎、大西伍一、木川半之丞、村上清文 ・写3-7-12の白色無地の封筒に入っていたものヵ、ネガ・渋沢フィルム整理整理カードには「秋田県南秋田郷脇本村大倉付近」とあり・撮影日は『男鹿寒風山農民手記』p.1大西伍一「序に代へて」(昭和十年一月八日)の「その上この原稿の挿絵の撮影かたがた君の村を見たいとのことで、澁澤子爵石黒忠篤氏其の他民俗研究者の一行八名が君の家を訪れたのは去年の九月のことでした。」とあり、これによった・写3-7はア-47のネガでありア-47では『男鹿寒風山農民手記』関係の写真で纏められている。そのため撮影地は脇本村、撮影者は『男鹿寒風山農民手記』に掲載する写真撮影等で訪れた研究者(高橋文太郎、大西伍一、木川半之丞、村上清文。『男鹿寒風山農民手記』写真目次掲載より)とした・当該資料のネガの端に「サカナウリ」(黒ペン)「吉田三郎君」(黒ペン)とあり、撮影地はこれによった 昭和9(1934) 寒風山麓脇本村 写真資料 日本常民文化研究所
20 吉田三郎宅と雪が残る畑 高橋文太郎、大西伍一、木川半之丞、村上清文 ・写3-7-12の白色無地の封筒に入っていたものヵ、ネガ・渋沢フィルム整理整理カードには「秋田県南秋田郷脇本村大倉付近」とあり・撮影日は『男鹿寒風山農民手記』p.1大西伍一「序に代へて」(昭和十年一月八日)の「その上この原稿の挿絵の撮影かたがた君の村を見たいとのことで、澁澤子爵石黒忠篤氏其の他民俗研究者の一行八名が君の家を訪れたのは去年の九月のことでした。」とあり、これによった・撮影者は『男鹿寒風山農民手記』に掲載する写真撮影等で訪れた研究者(高橋文太郎、大西伍一、木川半之丞、村上清文。『男鹿寒風山農民手記』写真目次掲載より)とした・当該資料のネガの端に「吉田三郎君宅」(黒ペン)とあり、撮影地はこれによった 昭和9(1934) 寒風山麓脇本村吉田三郎宅 写真資料 日本常民文化研究所

戻る