検索結果一覧

データベース 写真資料
フリーワード
 
  資料名 著者 内容 年代 地域 データベース 所蔵  
1 山形県西置賜郡小国町町原の通りと手に日の丸を持って飛行機を迎える子ども達 渋沢敬三・高橋文太郎・早川孝太郎・村上清文 ・本資料はナンバリングからアルバム39から抜き出されたものと見られる。アルバム39は全体が調査風景や調査内容、引用・使用媒体から昭和八年五月に行われた澁澤敬三・高橋文太郎ほか2名の山形県米沢から新潟県三面の調査と見られ、撮影者・撮影日・撮影地域など詳細はこれら調査をまとめた高橋文太郎「朝日山麓三面村記」(『山岳』第28年3号)による写1-12-4に高橋文太郎、早川孝太郎が写っており、また、渋沢フィルム13「越後三面行」01:18には車中で眠る村上清文の様子が映されており、これらのことから一行は澁澤敬三・高橋文太郎・早川孝太郎・村上清文とし撮影者もこれによる・高橋文太郎「朝日山麓三面村記」(『山岳』第28年3号)p40に本資料についての記述があり、題名はこれによる 昭和8(1933) 山形県西置賜郡小国町町原 写真資料 日本常民文化研究所
2 山形県置賜郡小国町栃倉の仁科家の民家とその前に集まるアチックの人々 渋沢敬三・高橋文太郎・早川孝太郎・村上清文 ・本資料はナンバリングからアルバム39から抜き出されたものと見られる。アルバム39は全体が調査風景や調査内容、引用・使用媒体から昭和八年五月に行われた澁澤敬三・高橋文太郎ほか2名の山形県米沢から新潟県三面の調査と見られ、撮影者・撮影日・撮影地域など詳細はこれら調査をまとめた高橋文太郎「朝日山麓三面村記」(『山岳』第28年3号)による写1-12-4に高橋文太郎、早川孝太郎が写っており、また、渋沢フィルム13「越後三面行」01:18には車中で眠る村上清文の様子が映されており、これらのことから一行は澁澤敬三・高橋文太郎・早川孝太郎・村上清文とし撮影者もこれによる・高橋文太郎「朝日山麓三面村記」(『山岳』第28年3号)p40-41に本資料についての記述があり、題名はこれによる 昭和8(1933) 山形県置賜郡小国町栃倉付近 写真資料 日本常民文化研究所
3 船上から見る伊ケ谷の集落 早川孝太郎 ・写真中央辺りに鳥居が見え、后神社ヵ、后神社なら伊ケ谷の集落になる 昭和11(1936) 三宅島伊ケ谷村 写真資料 日本常民文化研究所
4 三宅島伊ケ谷船着き場、網干場に座る男性や子供 早川孝太郎   昭和11(1936) 三宅島伊ケ谷船着き場 写真資料 日本常民文化研究所
5 集落内の石階段状の道を歩く人々 早川孝太郎   昭和11(1936) 三宅島 写真資料 日本常民文化研究所
6 防風林の松 早川孝太郎   昭和11(1936) 三宅島 写真資料 日本常民文化研究所
7 船上から見る三宅島 早川孝太郎 ・「伊豆三宅島視察記」『早川孝太郎全集?』p.431に「神着村大久保の浜の沖から陸を望むと島の中央にそびえた雄山はまったく雲に隠れているが、南国特有の輝きをもった緑の山の色が美わしい。きり立ったような山の下に、わずかな砂浜が開けて、ゴチャゴチャと人家の屋根が見える。波打際の真白い砂浜には、折柄の豪雨にもめげず沢山の人影が動いている。時計を見ると五時十分前、昨夜一〇時に房州の立山を立ったのだから、ちょうど七時間を費したわけだ。」とあり・画像の半分がフィルムの取り出し時に感光したか撮影時の撮影方法失敗で白とびしている。但し雄山にかかる雲や上記早川の言に雨模様だったと考えると白とびとは考えにくい 昭和11(1936) 三宅島 写真資料 日本常民文化研究所
8 藤棚状の棚と垣根 早川孝太郎 (0388)はナンバリング打ち損じを訂正したもの 昭和11(1936) 三宅島 写真資料 日本常民文化研究所
9 船上から見る大久保湊と集落 早川孝太郎 ・「伊豆三宅島視察記」『早川孝太郎全集?』p.431に「神着村大久保の浜の沖から陸を望むと島の中央にそびえた雄山はまったく雲に隠れているが、南国特有の輝きをもった緑の山の色が美わしい。きり立ったような山の下に、わずかな砂浜が開けて、ゴチャゴチャと人家の屋根が見える。波打際の真白い砂浜には、折柄の豪雨にもめげず沢山の人影が動いている。時計を見ると五時十分前、昨夜一〇時に房州の立山を立ったのだから、ちょうど七時間を費したわけだ。」とあり・港としては大久保、伊ケ谷、阿古、坪田、三池浜などがあるが、当時の定期船の港が上記の早川の言から大久保であったと考えられることから題名は大久保とした 昭和11(1936) 三宅島 写真資料 日本常民文化研究所
10 斜面に作られた切替畑(麦) 早川孝太郎 ・『早川孝太郎全集』?p.526写真キャプション「島の東側にある坪田村の切替畑。古くは粟、このころは主に麦を植えていた。作付けは普通5年で、そのあとに萱と榛の木を植えた。榛は薪炭材となった。」にあり題名はこれによる 昭和11(1936) 三宅島坪田村 写真資料 日本常民文化研究所
11 木々の中にある石畳の場所 早川孝太郎 全体的に画像が暗く分かりにくい。詳細不明 昭和11(1936) 三宅島 写真資料 日本常民文化研究所
12 松林のある浜と家屋 早川孝太郎   昭和11(1936) 三宅島坪田村 写真資料 日本常民文化研究所
13 墓地にある祠、新墓に置く屋形 早川孝太郎 ・『東京都の民俗』p.235に写真キャプション「新墓に置く屋形(三宅島三宅村 昭和31.8.5)」同書p.236に「三宅島神着では墓地前面の左右の塔婆に横木を渡し、屋根を葺いて門の構えにしているが、他の地区では葬送に高さ二尺五寸・間口二尺五寸・奥行二尺ほどの屋形を持参して四十九日まで墓地に置く。屋形の中には初七日から七七日までの忌日を書いた小板を並べ、その前に茶碗や膳部などを供え、これをイエッコ・オオイ・ダント・ラントウなどと呼んでいる。」とあるが画像では新しい屋形には見えない 昭和11(1936) 三宅島 写真資料 日本常民文化研究所
14 群生している粟、切替畑の粟畑 早川孝太郎 ・『早川孝太郎全集』?p.526写真キャプション「島の東側にある坪田村の切替畑。古くは粟、このころは主に麦を植えていた。作付けは普通5年で、そのあとに萱と榛の木を植えた。榛は薪炭材となった。」とあり、粟の畑ヵ 昭和11(1936) 三宅島 写真資料 日本常民文化研究所
15 墓地にある祠、新墓に置く屋形 早川孝太郎 ・『東京都の民俗』p.235に写真キャプション「新墓に置く屋形(三宅島三宅村 昭和31.8.5)」同書p.236に「三宅島神着では墓地前面の左右の塔婆に横木を渡し、屋根を葺いて門の構えにしているが、他の地区では葬送に高さ二尺五寸・間口二尺五寸・奥行二尺ほどの屋形を持参して四十九日まで墓地に置く。屋形の中には初七日から七七日までの忌日を書いた小板を並べ、その前に茶碗や膳部などを供え、これをイエッコ・オオイ・ダント・ラントウなどと呼んでいる。」とあり、ただし前面がガラスで人形などが祀られている・ア-14-16のアップ 昭和11(1936) 三宅島 写真資料 日本常民文化研究所
16 墓地にある祠、新墓に置く屋形 早川孝太郎 ・『東京都の民俗』p.235に写真キャプション「新墓に置く屋形(三宅島三宅村 昭和31.8.5)」同書p.236に「三宅島神着では墓地前面の左右の塔婆に横木を渡し、屋根を葺いて門の構えにしているが、他の地区では葬送に高さ二尺五寸・間口二尺五寸・奥行二尺ほどの屋形を持参して四十九日まで墓地に置く。屋形の中には初七日から七七日までの忌日を書いた小板を並べ、その前に茶碗や膳部などを供え、これをイエッコ・オオイ・ダント・ラントウなどと呼んでいる。」とあり、ただし前面がガラスで人形などが祀られている・ア-14-15をひいたカット 昭和11(1936) 三宅島 写真資料 日本常民文化研究所
17 墓地にある祠、新墓に置く屋形 早川孝太郎 ・『東京都の民俗』p.235に写真キャプション「新墓に置く屋形(三宅島三宅村 昭和31.8.5)」同書p.236に「三宅島神着では墓地前面の左右の塔婆に横木を渡し、屋根を葺いて門の構えにしているが、他の地区では葬送に高さ二尺五寸・間口二尺五寸・奥行二尺ほどの屋形を持参して四十九日まで墓地に置く。屋形の中には初七日から七七日までの忌日を書いた小板を並べ、その前に茶碗や膳部などを供え、これをイエッコ・オオイ・ダント・ラントウなどと呼んでいる。」とあるが画像では新しい屋形には見えない 昭和11(1936) 三宅島 写真資料 日本常民文化研究所
18 松林に放牧された乳牛 早川孝太郎   昭和11(1936) 三宅島坪田村 写真資料 日本常民文化研究所
19 墓地にある祠、新墓に置く屋形 早川孝太郎 ・『東京都の民俗』p.235に写真キャプション「新墓に置く屋形(三宅島三宅村 昭和31.8.5)」同書p.236に「三宅島神着では墓地前面の左右の塔婆に横木を渡し、屋根を葺いて門の構えにしているが、他の地区では葬送に高さ二尺五寸・間口二尺五寸・奥行二尺ほどの屋形を持参して四十九日まで墓地に置く。屋形の中には初七日から七七日までの忌日を書いた小板を並べ、その前に茶碗や膳部などを供え、これをイエッコ・オオイ・ダント・ラントウなどと呼んでいる。」とあるが画像では新しい屋形には見えない 昭和11(1936) 三宅島 写真資料 日本常民文化研究所
20 石の境界があるテングサ干し場 早川孝太郎   昭和11(1936) 三宅島坪田村 写真資料 日本常民文化研究所

戻る