検索結果一覧

データベース 写真資料
フリーワード
 
  資料名 著者 内容 年代 地域 データベース 所蔵  
1 三田綱町邸内庭園に立つ高木一夫と吉田三郎 市川信次 ・写3-12-13の白色の「東京都芝区三田綱町十番地 澁澤敬三」と印刷された封筒にはいっていたものヵ、ネガ・渋沢フィルム整理整理カードには「吉田三郎 練習分」とあり・昭和10年(1935)3月13日から昭和11年(1936)3月12日まで『男鹿寒風山麓農民日録』で使用する写真機撮影の練習の為に主に吉田三郎によって撮影されたもの、昭和10年2月1日に吉田三郎著『男鹿寒風山麓農民手記』出版記念で渋沢邸を弟四郎と共に訪れているが、2月11日には敬三が紀州・伊勢へと旅行に出かけているところから、写真現像の期間からも撮影関連はこの日ではなく、3月2日「例会、吉田三郎氏上京を記念して」~3月9日「例会、桜田勝徳氏上京」の両日に吉田三郎が参加していることからこの期間前後に撮影されたと考えられる、撮影者は写3-12で被写体となっている市川信次ヵ・題名、撮影地は同一写真である吉田総恵さん所蔵吉田三郎アルバム「血係ノ面影 第二集」台紙記載「澁沢子邸庭園ノ一部 高木一夫氏と私」より 昭和10(1935) 東京三田綱町邸 写真資料 日本常民文化研究所
2 アワラ田の田植え採訪記念撮影 市川信次 ・写っているのは渋沢敬三、宮本馨太郎、礒貝勇、高橋文太郎など。アチックマンスリー「REPORT」p.46によると、市川生、高橋文太郎、三上與三一(富山新聞)、高広次平(高岡銀行)が同行しているとの記載がある。16ミリフィルム『白萩村アワラ田植直江津片田家行事』13:04には渋沢が写っていないため、自身の撮影であろう・本資料は16ミリフィルム『白萩村アワラ田植直江津片田家行事』との比較から市川信次による撮影と考えられる・撮影日は渋沢敬三『犬歩当棒録』p.445 旅譜、アチックマンスリー「REPORT」p.46からの推定 記載なし 越中白萩村(富山県中新川郡白萩村東種) 写真資料 日本常民文化研究所

戻る