検索結果一覧

データベース 写真資料
フリーワード
 
  資料名 著者 内容 年代 地域 データベース 所蔵  
1 六つ股の藏、六本柱の高倉 岩倉市郎・拵嘉一郎 ・付箋に「チェック印」がある・喜界島での撮影の可能性は岩倉・拵の両氏が考えられ、撮影者はこれによる   喜界島 写真資料 日本常民文化研究所
2 家屋内、床の間 岩倉市郎・拵嘉一郎 ・喜界島での撮影の可能性は岩倉・拵の両氏が考えられ、撮影者はこれによる   喜界島 写真資料 日本常民文化研究所
3 又木の利用 岩倉市郎・拵嘉一郎 ・喜界島での撮影の可能性は岩倉・拵の両氏が考えられ、撮影者はこれによる 昭和11(1936) 早町村小野津 写真資料 日本常民文化研究所
4 六月燈の神楽、末吉神社 岩倉市郎・拵嘉一郎 ・刊行物には「7月26日」とあり撮影日はこれによる・付箋に「チェック印」があり、その上から「×」がつけられている・撮影者は引用・使用媒体著者から推定 昭和11(1936) 阿伝末吉神社 写真資料 日本常民文化研究所
5 六月燈の子供料理 岩倉市郎・拵嘉一郎 ・付箋に「チェック印」がある・写真下部には図と図解がある・喜界島調査で昭和11年での同地調査の可能性は岩倉・拵の両氏が考えられ、撮影者はこれによる 昭和11(1936) 阿伝末吉神社 写真資料 日本常民文化研究所
6 三つ重ねられた小石 岩倉市郎・拵嘉一郎 ・付箋は二重、表にある付箋に「チェック印」がある・写真右側の台紙に「→」がある・「生児初めて末吉神社(阿傳)前を通る時小石三個を拾ひ三つ重ねて上げる昭十一年八月六日」は文字の向きが左側を天にして縦書きになっている・喜界島調査で昭和11年での同地調査の可能性は岩倉・拵の両氏が考えられ、撮影者・撮影年月日・撮影地域はこれによる・この台紙は横にして使われ写真の向きも左を天にして使用されている 昭和11(1936) 阿伝末吉神社 写真資料 日本常民文化研究所
7 氏神様 岩倉市郎・拵嘉一郎 ・喜界島調査での可能性は岩倉・拵の両氏が考えられ、撮影者はこれによる   喜界島 写真資料 日本常民文化研究所
8 ユウタロウ加那志 岩倉市郎・拵嘉一郎 ・付箋に「チェック印」がある・喜界島での撮影の可能性は岩倉・拵の両氏が考えられ、撮影者はこれによる   喜界村中間 写真資料 日本常民文化研究所
9 正月の農具飾り 岩倉市郎・拵嘉一郎 ・付箋に「チェック印」がある・喜界島での撮影の可能性は岩倉・拵の両氏が考えられ、撮影者はこれによる   喜界島 写真資料 日本常民文化研究所
10 正月の墓 岩倉市郎・拵嘉一郎 ・付箋に「チェック印」がある・喜界島での撮影の可能性は岩倉・拵の両氏が考えられ、撮影者はこれによる   喜界島 写真資料 日本常民文化研究所
11 墓場の棚機 岩倉市郎・拵嘉一郎 ・喜界島での撮影の可能性は岩倉・拵の両氏が考えられ、撮影者はこれによる   喜界島 写真資料 日本常民文化研究所
12 板付舟に松を立てたもの 岩倉市郎・拵嘉一郎 ・付箋に「チェック印」がある・喜界島での撮影の可能性は岩倉・拵の両氏が考えられ、撮影者はこれによる 昭和11(1936) 喜界村坂峰 写真資料 日本常民文化研究所
13 さで網 岩倉市郎・拵嘉一郎 ・付箋に「チェック印」がある・喜界島での撮影の可能性は岩倉・拵の両氏が考えられ、撮影者はこれによる 昭和11(1936) 阿伝 写真資料 日本常民文化研究所
14 放牧 岩倉市郎・拵嘉一郎 ・付箋に「チェック印」がある・喜界島での撮影の可能性は岩倉・拵の両氏が考えられ、撮影者はこれによる   喜界村荒木 写真資料 日本常民文化研究所
15 砂糖黍のはかま取り 岩倉市郎・拵嘉一郎 ・付箋に「チェック印」がある・喜界島での撮影の可能性は岩倉・拵の両氏が考えられ、撮影者はこれによる 昭和11(1936) 蒲生村 写真資料 日本常民文化研究所
16 麦打 岩倉市郎・拵嘉一郎 ・喜界島での撮影の可能性は岩倉・拵の両氏が考えられ、撮影者はこれによる 昭和11(1936) 喜界島 写真資料 日本常民文化研究所
17 風選や脱穀棒による脱穀、稲扱 岩倉市郎・拵嘉一郎 ・付箋に「チェック印」がある・喜界島での撮影の可能性は岩倉・拵の両氏が考えられ、撮影者はこれによる 昭和11(1936) 阿伝 写真資料 日本常民文化研究所
18 稲小積、にお 岩倉市郎・拵嘉一郎 ・付箋に「チェック印」がある・喜界島での撮影の可能性は岩倉・拵の両氏が考えられ、撮影者はこれによる 昭和11(1936) 阿伝 写真資料 日本常民文化研究所
19 マーラン船 岩倉市郎・拵嘉一郎 ・喜界島での撮影の可能性は岩倉・拵の両氏が考えられ、撮影者はこれによる   喜界島 写真資料 日本常民文化研究所
20 田圃遠景 岩倉市郎・拵嘉一郎 ・付箋に「チェック印」がある・喜界島での撮影の可能性は岩倉・拵の両氏が考えられ、撮影者はこれによる 昭和11(1936) 川嶺 写真資料 日本常民文化研究所

戻る